サイト内検索:

中国における日本コンテンツの著作権侵害、有償ダウンロード換算で3.8兆円に

文化庁は24日、中国における著作権侵害の実態調査の結果を公表した。調査は文化庁が三菱UFJリサーチ&コンサルティングに委託し、3月19日から25日までインターネット経由で実施したもの。北京・上海・広州・重慶の各都市で1000人、合計4000人から回答を集めた。

中国における日本コンテンツの著作権侵害、有償ダウンロード換算で3.8兆円に

それによれば、中国人が1年間に入手・視聴している日本のオンラインコンテンツの数は平均828件。著作権侵害の規模は4都市合計で年間約76億件、金額ベースではネット広告費換算で約19億円、有償ダウンロード換算で約5600億円に上ると推定している。
仮に中国全土のネットユーザーで著作権侵害の規模を推計した場合、年間で約530億件、金額ベースではネット広告費換算で約135億円、有償ダウンロード換算で約3兆8000億円となる。
金額ベースのネット広告費換算は、中国大手ポータルサイトの広告料金のクリック単価とクリック率を件数に乗じて推計した。有償ダウンロード換算は、中国における有償配信料金単価の事例を参考にした。

まあ、換算方法はよくわかんなくって多分多めに算出しているんだろうけど、蒼井そらで3.8兆円はすごいなあ、と。(嘘ですよw)

まあ、政府主導でクールジャパン推進していくのもいいんだけど、その費用をこういう海外での著作権侵害対策にあてて地盤固めをした上でコンテンツ流せる仕組み作りをしたほうが国の仕事としてはまっとうなんだろうなあ、と。そこで確立された土台はその後アニメや音楽のみならずいろいろなカテゴリで使えますしね。

で、とりあえずこの著作権侵害に対しては、

「中国で正規展開をするに際して、独自でサイト開設したりする方法もあるが、ユーザーが日常的に活用しているポータルサイトや動画投稿サイト、コンテンツ配信サイト、通販サイトに委託して、供給・販売する方法が有用。無償の広告モデル、有償の会員制やコンテンツごとに課金するモデル、関連グッズの販売で利益を得るモデルなど、コンテンツに適した方法を検討していくことが考えられる。」

ってことなんだけど、どうなんでしょうかね。日本みたいに違法ダウンロードを取り締まる法律がないと意味ないような気がしますが。

そういえば聞いた話なんですが、最近のDVDのコピープロテクトって面白くって、映像はコピーできるんだけど音声(音)が途中からしばらく無音になるんですって。で、しばらくするとまた音声が戻るんだけどそのうちまた無音になるとか。映像にガードかけるより音にガードかける方が簡単に複雑で難しいことができるからなんでしょうね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年5月28日 17:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「5月28日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「東芝がHybridcastに初対応した4K対応の大画面レグザ「Z8Xシリーズ」を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。