サイト内検索:

E-P5最大の進化、それは"喜び" 新PEN発表会

オリンパスイメージングは5月10日、「OLYMPUS PEN E-P5」 「OLYMPUS PEN E-PL6」の発表会を開催。同社取締役社長の小川治男氏はPENシリーズのフラグシップ機となるE-P5について、ハイスペックな製品であるだけではなく、所有者の感覚に訴えかける製品でもあることを強調した。

E-P5最大の進化、それは"喜び" 新PEN発表会

私はPEN-3(E-P3)のオーナーなので今回のE-P5の発表を期待しつつ待っていたのですが、なんかあれな感じが残念でした。「E-P5最大の進化、それは"喜び"」ってなんだよいったいw

小川氏はSNSの普及で写真の重要性が増す中、「シェアしたくなる素晴らしい写真が撮れないのはなぜか」との問いに、スマートフォンカメラの力不足と高性能なカメラに存在する重さや大きさ、難しさといったハードルを挙げる。そしてその問題点を解決するのが、「毎日持ち歩ける、高画質なカメラ」であるミラーレス一眼であると主張する。

PEN-3もNIKON J1とかCanon PowerShot Nなんかを使ってしまうと持ち歩くには大きく重いなあと感じ持ち出す機会が少なくなっている私ですが、上記のような点を問題点としているなら今回のこのE-P5はデザイン含め「これはないだろ」って気がします。上記のコンセプトに今一番近いのはCanon PowerShot Nじゃないかと。

といってもマイナー機能アップって結構使ってみないとわからないよさがあるんで、機会があったらいろいろいじくってみたいと思います。

まあOM-Dとの差別化もしなきゃいけないからオリンパス的にはいろいろたいへんなんだろうなあ。

ちなみにカメラの背面ディスプレイにQRコードを表示させ、それをスマホに読み取らせることでスマホとカメラ間の設定ができてしまう、というやり方は基本的には初代セレボのデジカメと同じなわけで、そういう意味でセレボはいろいろすごいなあと思ったのでした。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年5月10日 17:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「5月10日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「Objective-Cをゲーム感覚で習得できるサイト「Try Objective-C」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。