サイト内検索:

東芝がHybridcastに初対応した4K対応の大画面レグザ「Z8Xシリーズ」を発表

東芝は5月28日、かねてより予告していた新しい4Kテレビ3機種を発表した。「Z8X」というシリーズ名称で、58V型、65V型、84V型をラインアップ。レグザの上位モデル"Zシリーズ"の新製品という位置付けだ。

Hybridcastに初対応:「決して次世代テレビではない」、東芝が4K対応の大画面レグザ「Z8Xシリーズ」を発表

えっと、まずなぜ4Kなのか、というところから始めますと、

4K対応"Z"が誕生した背景には、50V型を超える大画面テレビの市場拡大がある。現在のフルハイビジョン(1920×1080ピクセル)は、もともと50インチを上限に考えられたもの。例えば84V型まで大きくなると、画面面積は50V型の約3倍(288%)となり、画素サイズが大きくなり、粗さが目立ってくる。しかし84V型でも4Kパネルにすれば、画素サイズは50V型フルHDの約72%と、さらに緻密(ちみつ)な表現が可能になるという。

ってことは50型以下のテレビしか設置できないご家庭にはあまり関係ないお話、ってことになるわけですね。50型以上をリビングに設置できるご家庭って総世帯数の何パーセントぐらいなのでしょうか。

ちなみにこの4K レグザですが、お値段は58V型50万円前後、65V型75万円前後、84V型168万円前後と、まあソニーも同じような価格帯なのですが、どれぐらい売れるのかなあ。

たとえあまり売れないとしてもこういう方向に行くしかないテレビメーカーというのはなんかたいへんですね。

ちなみにHybridcastというのは、

まったく新しいネットワーク機能として、2013年中にNHKが試行を予定している放送・通信連携サービス「Hybridcast」(ハイブリッドキャスト)を正式にサポートしたことが挙げられる。放送番組の内容に沿った形で詳細情報を確認したり、番組に参加するといったことが可能になる。
「従来のデータ放送同様、dボタンでトップ画面が表示される。しかし、放送波ではなく通信で情報を持ってくるため、操作感がかなり違う(軽い)。NHKアーカイブスなどの検索はクラウド上で処理されるため高速。オンデマンドバングの視聴などにも活用できるだろう」(東芝)。

詳しくは以下のNHKのサイトで。
Hybridcast(NHK)

これもどれぐらい利用されるんでしょうかねえ・・・。

まあ何にしてももっともっと安くならないと買えないな。あと3年かなあ。

Hybridcastは(財)NHKエンジニアリングサービスの登録商標です。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年5月28日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中国における日本コンテンツの著作権侵害、有償ダウンロード換算で3.8兆円に」です。

次のブログ記事は「「なぜ「まずは営業から始めなさい」なのか!?」 を読んで。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。