サイト内検索:

「キーボードフィンガー」に注意!

「キーボードフィンガー」という言葉を聞いたことがあるだろうか。毎日職場でPCを使い続けているビジネスマンに、指先から手首にかけての痛みやしびれを訴える人が増えている。その原因のひとつが「キーボードの叩きすぎ」。ひどくなると指が痛くて曲がらなくなるケースもあるんだとか。

「キーボードフィンガー」に注意!

一昔前であればコンピュータ関連の業務に携わっている人だと腱鞘炎に関する悩みが共有されていたりしたのですが、今回のこれは手首じゃなくて指だとは!どんだけ強くキーボード打ってるんだ!

「キーボードフィンガーとは、長時間同じ姿勢で同一の筋肉を酷使することで生じる反復運動過多損傷(RSI)により、手指の筋・筋膜の癒着や腱鞘炎が生じている状態を指します。悪化すると指の関節が変形するなどの可能性もあり、早期のケアが求められます」

つうか、この状態で手首より指にくるってのが不思議でなりません。手首はどうなっているんだ!

で、対処法が書かれていました。

炎症による腫れや圧痛がある場合は、まず保冷剤や流水をあてて患部を冷やすこと。手首を軽く上下に動かしながら、前腕部(手首から肘にかけて)の筋肉を軽くマッサージするのも効果的です。1時間ほどPCを使ったら休憩をとって手首のストレッチをするなど、同じ姿勢で作業を続けないように注意しましょう。症状が悪化すると治りにくくなってしまうので、違和感を覚えたら早めに対処することが肝心です

ほら、やっぱり手首じゃないか!

でも、指の先から手首にかけて、で、指が曲がらなくなるってことだから従来の腱鞘炎とはちょっと違った症状なんですよねえ。

なんで今更こんな症状が出てきたのかなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年5月15日 16:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「HTCの"Facebookフォン"、絶不調で販売終了か」です。

次のブログ記事は「ファストフードのテイクアウト・パッケージにこんなのどう?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。