サイト内検索:

「シェールガス革命」が日本にも、中部電力と大阪ガスが初の輸出許可を受ける

中部電力と大阪ガスが、米国からのシェールガスの供給を受けられるめどが立った。2017年にテキサス州の天然ガス液化基地からの輸入を開始する。

電力供給サービス:「シェールガス革命」が日本にも、中部電力と大阪ガスが初の輸出許可を受ける

安く購入できるようです。

米国は頁岩からのシェールガス*1)抽出技術の改良により、大規模生産に成功。他の地域のガス価格が上昇傾向にあるなか、価格を押さえ込むことに成功している。例えば、2012年時点でアジアではガス価格が100万Btu*1)当たり、16米ドル、欧州では10米ドルという状況のなか、米国は4米ドルと安価である。

ということで「わーい、電気代とかガス代安くなるのかな?」と思ったらすぐには安くならないみたいです。

中部電力と大阪ガスは、2011年7月にフリーポートLNGプロジェクト第1系列における天然ガス液化加工契約を米Freeport Developmentの子会社と締結済み。今回の米エネルギー省の輸出許可を受け、2017年からのLNG調達が可能となった。

ということで2017年から、だそうです。まだまだ先のお話ですね。なんでそんな先になるかというと、

米国では主要なガス基地ごとに輸出プロジェクトが進んでいる。6カ所が計画中であり、テキサス州フリーポート市では、2017年の操業開始を目指したフリーポートLNGプロジェクトが進んでいる。同プロジェクトは年間約440万トンのLNGを液化する設備を2系列備える予定だ。

米国側の施設の建設がまだ先なんですね。

2017年かあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年5月21日 17:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人はロボットに感情移入するか」です。

次のブログ記事は「ANA、6月から国際線ファースト、ビジネスで博多一風堂のラーメンを提供」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。