サイト内検索:

馬券裁判は"実質無罪"に。ハズレ馬券も必要経費に。

競馬の払戻金への課税で、ハズレ馬券が経費と認められるかどうかが争われた刑事裁判の判決で、大阪地裁(西田真基裁判長)は23日、「必要経費に含まれる」との判断を示し、その上で3年間に5億7000万円を脱税したとして所得税法違反に問われた大阪市の元会社員の男性(39)に懲役2月、執行猶予2年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。

馬券裁判は"実質無罪"に ファン&専門家は喝采! ハズレ馬券は必要経費に

競馬のはずれ券購入費は経費になるか、という裁判だったわけですが、経費と認められたんですね。

判決で、西田裁判長は馬券の払戻金について「一般的には偶然に左右されるので一時所得に分類される」としたうえで、男性の馬券購入の仕方について「継続性があり、娯楽にとどまらず、営利目的としたものだ」として、男性が得た儲けを外国為替証拠金取引(FX)や先物取引と同様に「雑所得」と指摘。データを分析し、馬券を機械的に購入、長期的に利益が出るようにしていたため「ハズレ馬券の購入費も必要経費」と判断した。ただ、「税金の申告義務を認識しながら怠っていた」として有罪を選択した。

ただ、この判決だとシステム的&継続的に馬券を買っていないと経費としては認められない感じなのですが、それはどうなるんでしょうかね。私は競馬はやらないけど。

裁判所が、弁護側の主張を受け入れて経費計上を認めたのは、被告がインターネットで馬券を購入しており、その履歴から購入の事実の立証ができたからだろう。税金における経費の適用範囲の認定は、「本当に買っている」という証明ができるかどうかが重要になる。窓口での馬券購入の場合は、はっきりした証拠を残さなければ立証が困難。
今回の判決を受けて、ハズレ馬券を経費に計上して節税をもくろむ者が出てくる事態も想定されるが、購入の事実を示すはっきりした証拠を明示できなければ認められないだろう。裁判所はその後の影響も含めて今回の判断を下したはずだ

そのうち節税テクニックに加えられるようになるのかなあ。

で、面白いなと思ったのが経済評論家の山崎元氏のコメントです。

たとえば企業の接待においても、収入に結びつかないケースはあるが、それでも経費と認められる。常識で考えれば、当然ハズレ馬券は経費になる

うんうん、確かにそうだよね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年5月23日 19:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モバイル決済「Square」が日本上陸、Twitter創業者が開発」です。

次のブログ記事は「"AKB総選挙"波乱の幕開け!大島優子現在3位」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。