サイト内検索:

Draft11ac対応AirMac Time Capsuleを使う時の注意点

ただ、問題は初期設定のままでは、まったくと言って良いほど、AirMac Time Capsuleの実力が発揮されない点だ。

【清水理史の「イニシャルB」】 Haswell搭載の新MacBook Air登場 AirMac Time CapsuleでDraft11acの実力を検証する - INTERNET Watch

ということで802.11ac対応のAirMac Time Capsule(多分Exteamも)は買ってきて設置して電源入れて繋げばその性能を利用できるかといえばそうじゃない初期設定になっているようです。

具体的には、標準設定では肝心のDraft11acの5GHz帯が無効化されており、接続可能な2.4GHz帯も、どうやら20MHz幅固定、もしくは20MHz幅を優先する設定となっているため、無線LANの速度がかなり押さえ込まれてしまうのだ。

なんとセールスポイントというかこの製品の肝であるDraft11acの5GHz帯が無効化されているそうです。つまり標準状態で繋いでも普通のスピードしかでない、ってことですね。

製品では、2.4GHz帯の20MHz/40MHz設定項目が見当たらないうえ、5GHzを手動で有効にしなければならないことに関しても、知らなければ、気づかない仕様になっている。こういったあたりは、シンプルを通り越して、不親切とさえ言いたくなるほどだ。

このあたりはなぜそうしているのかをメディアはAppleによる製品ブリーフィングがあったときに聞いて欲しいところですね。

で、5GHz帯を有効にする手順です。簡単です。

具体的には、前述したAirMacユーティリティを起動し、AirMac Time Capsuleの設定にある「ワイヤレス」タブで「ワイヤレスオプション」をクリックし、「5GHzネットワーク名」にチェックを付けて有効化しておけばいい。
この状態で、試しに、MacBook Air 11から接続してみたところ、やはり2ストリームの上限となる867Mbpsでリンクした。これが最大速度と考えて問題ないだろう。

まあ、我が家には802.11ac使える機器がまだないのでまだ必要ないのですが、使えるようになった日のために、ということで。

以上です。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年6月18日 17:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「6月18日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「スマホ決済「楽天スマートペイ」、決済手数料を4.9%から3.24%に改定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。