サイト内検索:

「iOS 7 Design Resources」を読むとiOS6からの変更がよくわかる。

iOS Developer Libraryで公開されているiOS 7用のアプリのデザインガイドではiOS 6のUI要素がiOS 7ではどうなっているか、が比較されつつ説明されていてなかなか面白いです。

iOS%207%20Design%20Resources

まあ、いわゆるプロダクティビティ系のアプリはこのガイドに従うことになるんでしょうね。ゲーム系はそもそもガイドライン無視して独自の世界観で画面デザインやっているから。

で、このドキュメントで書かれていることの大事な点はTechCrunchのこの記事でまとめられていました。

iOS 7のフラットデザインでアプリを開発するための移行ガイドをAppleが発行

一部引用すると、

アプリのコンテンツが半透明のUI成分(バーやキーボードなど)や透明なステータスバーの下に見えること。iOS 7では、ビューコントローラは全画面レイアウトを使う
Dynamic Typeを使え。iOS 7では、アプリ内で今見ているテキストのサイズをユーザが調節できる。ユーザのそんなアクションにアプリが対応できるためには、Dynamic Typeを採用しなければならない。
ドロップシャドウやグラデーション、ベゼルなどの使用をやめる。iOS 7の美学はスムースさと層化(半透明化)にあるので、物理的な実物に見えるようなUI成分は重視されない。影つきとか、立体感とか、そういう物理的実物感は再検討を要する〔つまり、やめてほしい〕。

iOS 7の美学はスムースさと層化(半透明化)にある、のかあ。

その他6つぐらいポイントがあるようなので、英語のデザインガイドを読む前にこの記事を読んでみてはいかがでしょうか。

まあ、デベロッパはたいへんですよ。

iOS 7 Design Resources

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年6月11日 20:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「折りたためる扇風機 ベルメゾンから」です。

次のブログ記事は「iOS7のパララックス効果を今すぐ試せるアプリ「3DBoard」。でも要jailbreak!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。