サイト内検索:

拍手喝采!Perfumeがカンヌ銀賞で驚愕の最先端ライブ

フランス・カンヌで6月16日から22日まで開催されている世界最大の広告祭「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」に日本人アーティストとして初めてゲストとして招待されたPerfumeが、昨日6月20日にプレゼンテーションのステージに立ち、日本の最新のテクノロジーととともに圧倒的なダンスパフォーマンスを披露した。

ナタリー - 拍手喝采!Perfumeがカンヌ銀賞で驚愕の最先端ライブ

これ、そのパフォーマンスというのを観たのですが、全然興奮しないというか「Perfumeすげー!」と感じなかったです。ライブのDVDなんて何度観ても観る度に興奮するのに。つうか、この演出だとPerfume本人が出なくてもよかったんじゃないかって感じなのですが。

オープニングのナレーションが流れる中、真っ白な衣装をまとったメンバーに、プロジェクションマッピングの技法を用いて色とりどりのグラフィックが映し出される。衣装のスカートと肩の部分は電動で翼のように広がり、まるで天使のような姿に。生身の人間を全身スクリーンにするという最先端のテクノロジーに、会場中から感嘆のどよめきが起こった。
その後、この日が初披露となる「Spending all my time」のエクステンデッドミックスがスタート。ビートの効いたイントロとともにメンバーが上に着ていたドレスを颯爽と脱ぐと、下には肩のプリーツが印象的な真っ白な衣装が現れた。3人の動きに合わせて衣装には次々にCGが映し出され、まるで光が踊っているような神秘的な光景となった。

人体プロジェクションマッピングって感じで、衣装も広げるをスクリーン的に、そして閉じると普通の衣装になるという構造のもので、そういう部分部分は確かに素晴らしいのですが、プロジェクションマッピングなんてやったら顔が見えないだろうが、顔が!

なんというかテクノロジーを屈指した最先端アートの素材として使われているだけ感はあるのですが、これをきっかけにさらにPerfumeの名前が世界に知れ渡るというのはよいことだと思うので、まあこれはこれで割り切っておくというのがよいのかもしれません。

と、私は感じたのですが、感じ方は人それぞれです。とりあえずその模様のビデオをご覧下さいませ。でも、生でこれ見たら興奮するのかもしれないなあ。


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年6月21日 19:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「刀匠たちが本気でヱヴァの武器を再現。あのロンギヌスの槍も!」です。

次のブログ記事は「クリエイティブな犬のグリーミングコンテスト参加犬のご紹介。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。