サイト内検索:

東京の地下水位の上昇が止まらない―東京駅は浮き、地下鉄は漏水

東京の地下水位の上昇が止まらない。高度成長期の地下水くみ上げによって深刻化した地盤沈下を防ごうと、国や都は半世紀にわたり地下水くみ上げを規制してきたが、今度は水量が戻り、浮力で地下にある建物が浮き上がったり、インフラ劣化を引き起こしたりする弊害が出始めた。

Business Media 誠:東京の地下水位の上昇が止まらない――東京駅は浮き、地下鉄は漏水

なんか知らないところでたいへんなことが起こっているのですね。

例えば東京駅。

JR東京駅の地下約27メートルにある総武快速・横須賀線ホーム。昭和47年に建設された当時、地下35メートルだった水位は20メートルも上昇し、ホームを基準にすると12メートルの高さに達した。そこで、長さ約19.5メートル、重さ200キロの鋼鉄製の棒状のアンカー(いかり)計70本をホーム直下の地中に打ち込み、ホームが浮上しないようにつなぎ止めている。

上野駅もたいへん。

地下約30メートルにある上野駅の新幹線ホームも同様だ。水圧による浮き上がりを防ぐため、ホーム下に一つが約2トンの鉄塊を約1万8千個も置いている。総重量は計3.7万トンに上る。さらに約980本のアンカーでつなぎとめ、二重の対策を施している。

最近作られた駅は地下の深いところにあるので、それらもそのうち同じような状態になっちゃうんでしょうか。不安です。

下からの圧力以外にも横からの浸水も懸念されるようです。

都営三田線で今年3月、4カ所でトンネル壁面の内部の鉄筋が腐食し、コンクリートがはがれ落ちているのが見つかった。この原因も地下水だった。
三田線は地下約5~36メートルを走行する。トンネル壁面を覆うシート状の防水材が老朽化して水がしみ出してきたもので、都が緊急調査をしたところ、都営地下鉄全線で約2100カ所の漏水部分が発見され、補修を急いでいる。

とはいえ、揚水すれば今度は地盤沈下が起こる可能性もあるということで、担当の人は頭痛いですね。

詳しくはリンク先記事を読んでみてください。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年6月17日 16:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「決済手数料など不要のオンライン決済サービス「spike」、クローズドβ版リリース」です。

次のブログ記事は「ユニクロからサーティーワンアイスクリームをイメージしたショートパンツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。