サイト内検索:

電通、マラソン通過タイムのSNS投稿と広告を融合させた新サービス

株式会社電通と株式会社電通テックは18日、マラソン大会に参加するランナーの通過タイムをSNSに投稿できるサービスと広告展開を融合させたサ―ビス「SOCIAL_MARATHONTM(ソーシャルマラソン)」を開発した。

電通、マラソン通過タイムのSNS投稿と広告を融合させた新サービス

ランナーのシューズなどに取り付けるタイム計測用ICチップの管理データベースを活用し、計測ポイント通過時に、自動的に通過タイムがFacebookやTwitterなどのSNSへ投稿される仕組み。

なるほどなあ。現地に応援に行っていない家族や友人に現状をアップデートできる、ってことなんだな。

ランナーがあらかじめ設定した「自分の目標タイム」と競い合うレースをSNS上で展開し、その様子を見た友人がリアルタイムに応援できる機能も搭載する。

これは必要なのかなあ。もし、このサービスを使う機会があったら私だったらオフれるもんならオフりたいですねw

で、電通的には、

協賛スポンサーは、SNSに投稿される通過タイムや応援メッセージに広告を表示できることがメリット。

なんだそうです。

電通は3月に開催された「京都マラソン 2013」において、この仕組みを用いたプロモーションを実施。その結果、1人のランナーに対して平均50人へのリーチを獲得できたほか、平均11人がリツイートやいいね!ボタンを押すなどの反応が得られたという。

まあ、この仕組みを使わなくても、そして電通絡まなくてもランニングの課程がSNS上に投稿されたら家族・友人は反応するでしょうけど。

でも、この仕組みが面白いなと思ったのは、京都マラソンの時は、SNS上に上げられた投稿に対する返事を書道部の学生さんが大きく書に書いて走っている人が読めるようにした、ってところでしょうか。これはモチベーション上がるでしょうね。

なんだかんだ書きましたが、基本的にはこのサービスはよいと思うので、将来にわたって持続可能なサービスとなるよう、がんばって欲しいです。

つうかランナーをサポートするサービスってもっといろいろ考えられますよね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年6月19日 15:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジェダイがエレベータにのってフォースを発揮するいたずらビデオ」です。

次のブログ記事は「国産ミニカーを使ったカーチェイス動画がすごい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。