サイト内検索:

日本マイクロソフト、「Surface RT」を7月14日まで1万円値下げ

日本マイクロソフト株式会社は13日、Windows RTタブレット「Surface RT」を、6月14日より7月14日までの限定で1万円値下げすると発表した。

日本マイクロソフト、「Surface RT」を7月14日まで1万円値下げ ~値上げしたiPadと価格が逆転

これにより、32GBモデルは39,800円、64GBモデルは47,800円となり、タッチカバーセットもそれぞれ1万円値下げされる。

とはいえ「Surface RT」って今後どうなるかわかんないですしねえ。アプリもRT用って出てくるのかなあ。まあOffice専用機って割り切ればいいのだけど、それでもOfficeも使える他のWindowsアプリも使えるPROの方が数年後を考えるといいような。

というか今1万円引きで買わなくても、そのうち在庫処分的に半額ぐらいで売られるようになるんじゃないかなあ、Surface RT。

で、なんで値下げしたのかというと、

実際、今回の値下げキャンペーンは、Appleの値上げを受けて急遽決定されたもの。Appleの値上げと日本マイクロソフトの値下げ前まで、Surface RT 64GBの価格はiPad mini 64GBより13,000円高かったが、それが一気に逆転する。同社自身、Surface RTがiPadの代替になり得る対抗製品であるとの認知は低いと認めているが、ボーナス商戦に向け、価格を引き下げることで、Apple製品を買い控えているユーザーを、Surface RTへの引き込もうという狙い。

単純に容量ごとの機種でiPadとSurfaceを比較するのは危険です。Surfaceの場合は64GBでも実際に使えるのは46GB、32GBもやつは16GBぐらいですから。

とはいえ、ホントにSurface RTはアプリがないですからねえ・・・。単純にハードウェアの値段だけで比較してもしょうがないわけで。

とりあえずSurface RTはスルーしつつ、PROの方もHaswell待ちってのが今は一番よいような気がします。あくまで私の考えですが。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年6月13日 18:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iFixitによる新型AirMac Extremeのバラシ記事」です。

次のブログ記事は「米Yahoo!、放置アカウントのリサイクルを発表 7月15日に削除へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。