サイト内検索:

Twitter Cardに対応してみた。

なぜか急にTwitter Cardに対応してみたくなったので対応してみました。参考にしたのは「livedoor Blog 開発日誌」こちらです。

Twitter Cardsに対応しました

Twitter Cardに対応するとTwitterでの投稿の表示がこんな感じで記事概要等を表示させることができるようになります。

twittercard

やり方は上記リンク先の記事を読みながらやると簡単にできるのですが、一カ所だけつまずくところがありました。ここはよく躓くところらしいので簡単に回避方法を書いておく、というのがこの記事の目的です。

Twitter Cardでカード表示させるには事前にTwitterの認証を得る必要があり、それはTwitter Cards Validator Toolというサイトで行います。カードの表示デザインなどもここで設定するわけです。

認証を得るにはまず必要なメタコードをブログページなどに入れてあげる必要があります。これは簡単にできます。

それが終わったら以下のフィールドに自分のブログのURLを入れてタグ等が問題ないかチェックを受けます。

Card%20Validator%20%7C%20Twitter%20Developers

で、そこで問題がなければ申請者(管理者)情報を入力するウィンドウに必要情報を入力するのですが、そこで次のようなエラー表示に遭遇しました。

Reason: is not a valid screen name

で、これで検索してみると同じ問題に遭遇している人が集まっているTiwtterのDeveloper向けサイトが見つかりました。

Reason: is not a valid screen name

とにかくみんなこのエラーに遭遇しています。

で、このページをよく読んでみたら解決方法が見つかりました。

実はポップアップした申請者(管理者)情報を入力するウィンドウは初期状態だとユーザ名や概要、Twitter IDを入力する項目しか見えず、その下にすぐにボタンがあるのでその3つだけを入力してボタンをクリックしたのでエラーが表示されたわけです。実はその下にスクロールしていくともっと情報を入力するフィールドが存在していました。

このUIはよくないなあ。

ということで、ウィンドウ内をスクロールさせ必要情報を入力後、ボタンをクリックすると見事Twitterの承認待ちとなりました。その後ちょっとしてTwitterから「承認したよ」メールがくるので、Twitterのサイトを見にいくと見事概要が表示されるようになっていました。

ということで皆さんもお暇なら是非試してみてください。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年6月18日 21:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本エイサー、漫画を読むための7.9型タブレット「マンガロイドZ」 | パソコン | マイナビニュース」です。

次のブログ記事は「6月19日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。