サイト内検索:

ドコモ「ツートップ」戦略で明暗クッキリ。下位4社の不振際立つ

NTTドコモが今夏モデルから導入したスマートフォン(高機能携帯電話)に価格差をつける「ツートップ戦略」で、主力2機種とそれ以外の機種の販売台数に極端な差が開いたことが3日、分かった。

Business Media 誠:ドコモ「ツートップ」戦略で明暗クッキリ――下位4社の不振際立つ

6月末の販売台数は主力2機種が合計123万台に達する一方で、パナソニックやNECのスマホは1万~1万5000台と不振が際立った。

6月末段階でエクスペリアAが83万台、ギャラクシーS4が40万台だそうです。

一方下位4社は、

2機種以外では、シャープの「アクオス」と富士通の「アローズ」がそれぞれ7万台、パナソニックの「エルーガ」は1万5000台、NECの「メディアス」も1万台前後と低迷。主力機種とそれ以外で明暗がくっきり分かれた。

うーん、まあわかっていた結果とはいえ、こうなるとドコモ的にはOKかもしれませんが、日本のメーカーはめちゃくちゃきついですねえ。

理由は単純に価格です。

ドコモは主力2機種について販売店向けの販売報奨金を積み増し、販売価格をエクスペリアが5000円、ギャラクシーが1万5000円に抑えた。他の機種は3万5000円前後で売られ、この価格差が販売台数の大きな格差につながった。

性能的には大差ないわけですから安い方を買いますよね、普通は。

で、これで「ツートップ」に選ばれなかったらどうなるか、ってのがわかったわけですが、次のモデルチェンジの時はどうなるんでしょうか。今回選ばれなかったシャープとか富士通が選ばれるのでしょうか?

そうなると今度はソニーモバイルとサムソンが売れなくなるんで文句たらたらになりますよね。

仮にまたソニーとサムソンが選ばれたらもうシャープや富士通はドコモからは撤退するでしょうね。

そうなるとこの「ツートップ戦略」ってなんだったんだろう、ってことになりますよねえ。

とりあえずサムソン外したスリートップにして日本企業の端末をもっと売って欲しいんだよなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年7月 4日 16:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モノクロ画面が美しいゲーム「LIMBO」のiOS版がリリース」です。

次のブログ記事は「マウスの発明者、ダグラス・エンゲルバート氏が88歳で死去」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。