サイト内検索:

Cerevo、USBキーボードをiOSやAndroid端末で使用可能にする「EneBRICK」

Cerevoは30日、USB接続のキーボードをiPhoneやiPad、Android端末で利用可能にする、現在開発中のデバイス「EneBRICK」を発表した。発売に向けて、同社が運営する「Cerevo DASH」にてクラウドファンディング形式で支援者を募る。支援目標総額は1,400,000円。

Cerevo、USBキーボードをiOSやAndroid端末で使用可能にする「EneBRICK」

EneBRICKとiOS/Android端末との間はBluetooth 2.0による無線接続となる。キーボードなどを接続するためのUSBポート2基と充電用のMicro USBポート1基を本体背面に装備する。

USBポートを持った「EneBRICK」という箱があって、これにUSBキーボードをつなぐと、「EneBRICK」がBluetooth 2.0でスマホとつながって、結果としてUSBキーボードでスマホにテキスト入力ができるようになる、という私大好きな隙間商品というわけです。

で、さらにそれだけではなく

EneBRICK本体には6,000mAhのバッテリが内蔵されており、モバイルバッテリとしても利用可能。

つうかBluetooth 2.0電波飛ばさなきゃいけないんでバッテリーが必要なわけで、それをうまく利用するわけですね。

開発の背景として同社は、タブレット向けのBluetoothキーボードはサイズが小さくて打ちにくいこと、PFUの「Happy Hacking Keyboard」や東プレの「Realforce」など有線モデルしかないキーボードを利用できるようにしたいという動機を挙げている。

いいわー、これ。昔の私だったら絶対に同じような商品企画書書いてるわー。

ということで気になった人は以下のページから支援に参加してみてください。

http://dash.cerevo.com/projects/9/

私はキーボードにこだわりがないので今回はパスですがw

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年7月30日 20:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネコアレルギーの仕組みを解明か、新治療法開発に期待」です。

次のブログ記事は「7月31日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。