サイト内検索:

「きわどい単語」は入力を助けないiOS

「iMessage」で友人に卑わいな言葉をちりばめたメッセージを送ったことがある人なら、iOSのオートコンプリート機能で入力候補が表示されない単語があることをすでに知っているだろう。

ニュース - 「きわどい単語」は入力を助けないiOS(WIRED.jp)

まあ英単語の世界なので知っている/経験したことある人は少ないかもしれませんが、Appleはこんな感じで細かいこといろいろやっているようです。

で、そのきわどい/のぞましくない単語はどんなのがあるかというと、

abortion(中絶、中止)
abort(中絶する、中止する)
rape(レイプ)
bullet(銃弾)
ammo(爆薬)
drunken(酔った)
drunkard(飲んだくれ)
abduct(誘拐する)
arouse(性的に興奮させる)
Aryan(アーリア人)
murder(殺人)
virginity(処女・童貞)
bigot(偏屈者)
cuckold(寝取られ)
deflower(花をもぎ取る、処女を奪う)
homoerotic(同性愛の)
marijuana(マリファナ)
pornography(ポルノ)
prostitute(売春)
suicide(自殺)

などだそうです。

まあ、入力補佐してくれないだけなんですが。

で、こういう機能はユーザにとって有益か、というと評価は分かれるらしくって、

電子フロンティア財団(Electronic Frontier Foundation)で言論の自由に関わる問題を担当しているジリアン・ヨークは、頻繁に使われるが扱いに慎重を要する可能性がある単語をアップルが省いたのは検閲行為に近いと指摘する。それは「あからさまな検閲ではない」ものの、「迷惑なことであり、顧客の選択を否定している」とヨーク氏は言う。

まあ、でもやっぱり入力補佐してくれないだけなんですが。

逆にスペル補正されて変な文章になってお笑い画像サイトにアップされているのも沢山あるしなあw

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年7月22日 17:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「7月22日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「イギリスではオンライン上のポルノはデフォルトでブロックされるようになるみたいです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。