サイト内検索:

ロシアネット企業の巨人「Mail.ru」が独自サーチエンジン運用開始

ロシアネット企業大手Mail.ruは2日、すべての検索クエリーを独自サーチエンジンで取り扱うと発表した。Mail.ruはこれまでGoogleを使用していた。

ロシアネット企業の巨人「Mail.ru」が独自サーチエンジン運用開始

ロシアでのお話なのでどうでもいいっちゃあどうでもよいのですが、記事中に引用したいところがあったので。

それはここです。

Mail.ruが独自のサーチエンジンを開発するに至った理由について、同社のMail.ruグループのCEOで共同創業者であるDmitry Grishin氏は、「今日、独自の宇宙計画よりも独自の検索エンジンを持つ国の方が少ないことは注目に値する。宇宙探査活動は9カ国が定期的に実行しているのに対し、成功したと誇るに足る検索エンジンを持つのはわずか5カ国(アメリカ合衆国、ロシア、チェコ共和国、中国、韓国)だ。競争力のある検索エンジンの開発は野心的な目標だが、不可欠だ。独自の検索エンジンは、より柔軟な行動を可能にしてくれる。そして、当社は現在、品質の高い検索サービスが提供可能となった」とコメントした。

独自の宇宙計画よりも独自の検索エンジンを持つ国の方が少ないことは注目に値する、ってのは確かになあ、という気がしますね。宇宙計画に比べたら遙かに簡単だろうに。

それと「宇宙探査活動は9カ国が定期的に実行しているのに対し、成功したと誇るに足る検索エンジンを持つのはわずか5カ国(アメリカ合衆国、ロシア、チェコ共和国、中国、韓国)だ。」というのも、そこに日本が入っていない事実に涙します。大手メーカーとか大学・各種研究機関にはがんばって欲しいところです。

日本の成長戦略の1つに「日本独自の検索エンジンの開発」なんて項目が入らないかな。それがうまくいったらGoogleに流れていた広告宣伝費を全部国内に戻せますよ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年7月 3日 13:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「7月3日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「Windows 8.1で復活のスタートボタン、今度は「消せない」との苦情」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。