サイト内検索:

PC市場シェアでLenovoがHPを抜き世界一に

調査会社の米International Data Corporation(IDC)は10日(現地時間)、2013年度第2四半期の世界PC出荷量を発表した。これによると、徐々にシェアを伸ばしていたLenovoがついにHewlett-Packard(HP)を抜き、世界1位になった。

PC市場シェアでLenovoがHPを抜き世界一に

えー、なんでなんで!HPといったらEDS買収してスリーコム買収してコンパック買収してDEC買収してってIT関連企業をガンガン買収してものすごい市場やら販売チャネル持っているのに!

Lenovoの同四半期PC出荷台数は1,261万9千台で、前年同期からは1.4%のマイナス成長へと転じたものの、競合他社より落ち込みは少なく、結果としてHPを抜いた。マイナス成長となったのは、同社の出荷台数の50%を占める中国市場の不振が響いたため。
HPは、米国市場で健闘し、直前期よりも持ち直したものの、出荷台数は前年同期比7.7%減の1,237万8千台で、2位に転落した。

まあHP自身はパソコンビジネスは利益率が低いから撤退したいと言っていましたから、PCはどうでもよくなっているのかもしれないですねえ。じゃあ、サーバー市場のシェアはどうなっているんだ、って話になりますが。

ちなみにパソコン市場は全体がそもそもだめで、その理由は、

市場全体が落ち込んでいる要因は、タッチベースとなったWindows 8への移行が進まないこと、メーカーがプッシュするUltrabookの価格の高さ、タブレットとの競合など。ただし、今後は、Windows XPのサポート終了に向け、法人市場での買い換え需要がさらに増すと見られている。

いやー、ほんとにWindows 8がねえ。新しもの好きなこの私ですらWindows 8機欲しいと思わないもんなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年7月11日 17:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「7月11日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「ウルトラ怪獣のセンターと四天王を選ぶ「ウルトラ怪獣総選挙」が開催中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。