サイト内検索:

ネコアレルギーの仕組みを解明か、新治療法開発に期待

ネコに対するアレルギー反応がどのようにして誘発されるのかを解明したという論文が、米専門誌「ジャーナル・オブ・イミュノロジー(Journal of Immunology)」に発表された。この研究により、新しい治療法への道が開けるかもしれない。

ネコアレルギーの仕組みを解明か、新治療法開発に期待

ということで、猫は好きだけどアレルギーがあるので近寄れない、なんて人には朗報です。

英ケンブリッジ大学(University of Cambridge)の研究者らは、ネコの鱗屑(りんせつ、皮膚や毛から剥げ落ちた角質細胞の微落片)から見つかるタンパク質が、ありふれたバクテリアの一種と接触すると、人間にアレルギー反応を誘発する可能性があると考えている。アレルギー反応には、くしゃみやせき、目の腫れやかゆみ、呼吸困難などがあり、一般的な風邪の症状に似ている。

猫アレルギーの人の目の腫れとか呼吸困難とか見るとほんとにたいへんだと思いますよね。

で、もうちょっと詳しい説明は、

最も一般的なアレルゲン(アレルギー誘発物質)は「Fel d 1」というタンパク質で、ネコの唾液に含まれており、毛繕いによって体の表面の至る所に付着してしまう。このタンパク質が、一般的なバクテリアの毒素に接触することでアレルギー反応が誘発されるという。

なるほど、毛繕いで拡がるのか。

で、今回の研究でネコの鱗屑に対する免疫反応を誘発する毒素を特定しただけでなく、これを認識する免疫系の要素も特定したそうなので、薬のリリースもそう遠い話ではないのかもしれませんね。

ちなみにこの研究は犬アレルギーの人にも有益かもしれないとのこと。よかったですね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年7月30日 19:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NEC、レノボへ携帯事業売却を断念 多額損失のおそれ」です。

次のブログ記事は「Cerevo、USBキーボードをiOSやAndroid端末で使用可能にする「EneBRICK」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。