サイト内検索:

ブックオフがお盆休みに合計3万8000台の携帯電話とスマホを買い取り、内2万5000台は100円で

ブックオフコーポレーションは、2013年8月9日から始めた携帯電話とスマートフォンの買い取りキャンペーンで、買い取り台数が8月18日までの10日間だけで、合計3万8000台に達したと明かした

ブックオフがお盆休みに合計3万8000台の携帯電話とスマホを買い取り、内2万5000台は100円で

既に買い取った3万8000台のうち、2万5000台はリサイクルに回す100円買い取りの端末だった。残りの1万3000台は、中古品として店頭販売することになる。1万3000台をさらに細かく見ていくと、Androidのスマホが60%、iPhoneが15%、従来型の携帯電話(ガラケー)が25%となっている。

この「リサイクルに回す携帯電話」を100円で買い取る、というところなんですが、いくらなんでも100円って安すぎないか、と思ったのですが、実はそうでもないみたいですね。

平成22年6月22日付けの経済産業省の「「平成21年度使用済み携帯電話の回収促進実証事業」の実施結果及び事業収支構造等の公表」という報告書があるのですが、それによると、

「たんすケータイあつめタイ」事業に関連する収入面においては、金属資源価格(歩 留まり等を考慮した取引価格)として1台当たり 138 円となり、支出面においては、 一定の前提条件の下で試算したところ、1台当たり 661.7 円の回収・処理コストがか かるものと算出されました。
なお、この回収・処理コストの約 85%(1台当たり 560.0 円)がインセンティブ関 連経費(商品券代、企画運営費等)となりますが、この経費を除いた場合、回収・処理 コストは1台当たり 101.7 円となり、差し引き1台当たり 36.3 円の金属売却益が生じ る計算となります。

ということでだいたい処理・回収コストは100円ぐらいのようです。

昔の携帯電話って100円の価値しかないのかあ。どこでも電話できるすごい機器なのにねえ。とはいえMOVAとかももうサービスは終わっちゃっているから回線つながらないわけで、そんな電話はタダでもいらないだろうしな。

というわけで、もうつながらない昔の携帯電話を持っている人は引き取り価格は100円ということで納得し、金属資源の再利用に貢献しましょう。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年8月20日 17:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「OCNでの不正ログイン、パスワード流出の原因はロジテック製ルータの脆弱性」です。

次のブログ記事は「「Brain Divided」というショートCGムービーが面白かった。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。