サイト内検索:

米Google、Android版「iPhoneを探す」機能を8月中に提供予定

米Googleは3日、紛失または盗難されたAndroid端末を探すことができるサービス「Android Device Manager」を8月中に提供開始すると発表した。米Apple社はiOSで、「iPhoneを探す」サービスを2010年以来提供している。

米Google、Android版「iPhoneを探す」機能を8月中に提供予定

ようやく、って感じですね。嬉しいのはこれ。

対象となるAndroid OSのバージョンはAndroid OS 2.2以上。Google Playの一機能として提供されるため、別途アプリをダウンロードおよびインストールする必要はないという。

いやあ、このニュース見たときはバージョン2.3.4の端末を持っている私などは「どーせ、4.xからサポートなんだろ」と思ったのですが、まさかの2.2からのサポート。ありがとうございます。

Android Device Managerでは、端末位置を地図上に表示し、確認された最新の時間と、測定誤差のエリアが円で表示される。最大音量で鳴らすか、リモートワイプするかを選択できる。最大音量で鳴らすを選択した場合、マナーモードになっていても鳴らすことができる。店や家の中で、ソファーの隙間に落としてしまった時などに役立つ。

本当の紛失以外にも家の中で見失った時も使えるというのがいいですね。見失った端末に電話すりゃいいじゃん、って話もありますが、マナーモードになっているとなかなか見つけられないですからね。

ちなみにiPhone版のこの機能には一度だけ助けられたことがあります。某飲み会があったのですが、帰ろうとしたら私のiPhoneがなくなっているんです。その後みんなが帰ったあともお店の中を捜したのですが、まったく見つからず、仕方ないので家に帰って「iPhoneを探す」で見てみたら・・・なんと浦和にありました。浦和に住んでいるあの人がなぜか持っていっちゃったんですね。まったく酔っぱらいってやつは・・・。

ほんとこの機能はいざという時役立つのでAndroidでも使えるようになったのは大歓迎です。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年8月 5日 18:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「8月5日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「米Yahoo!、今度はソーシャルブラウザを終了したRockmeltを買収」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。