サイト内検索:

J-WAVEが放送連動型の音楽ファンド「J-CROWD MUSIC」を運営

J-WAVEは、9月から音楽専門のクラウド型ファンディングサービス「J-CROWD MUSIC」をスタートする。新人アーティストのCDデビューや現役アーティストの映像制作、ライブイベントといったプロジェクトに対し、一般のファンから出資を募るというもの。ファンがアーティストを支え、チャンスを提供する仕組みだ。

ポイントで出資できる:「音楽にチャンスを!」 J-WAVEが放送連動型の音楽ファンドを運営

CloudじゃなくてCROWDなんですね。CROWDというのは「群衆、人混み、大衆」って意味なんですが。

一般的なファンドと異なるのは、出資金額が数千円からと少額で、またリターンも現金ではなく、CDなどの商品やライブチケットという形で還元されること。

いいですよね。多分サイトにビデオなんかが掲載されて「いいな」と思ったらCDを買うぐらいのお金を出せばいいわけで。

プロジェクトの内容は、事前にJ-WAVEを中心とする運営委員会がチェックする。これまでにスピッツやDo As Infinity、いきものがかりなど多数のアーティストをプロデュースしてきた亀田誠治氏がプロジェクトデザイナーを務め、各プロジェクトの方向性や音楽のクオリティーコントロールする。

亀田さん、大活躍ですね。

今のJ-POPって同じような曲ばかりなので、ここから個性ある変なグループが登場してくると面白いことになりそうですね。成功するといいな。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年8月19日 19:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Samsungが発表した「V-NAND」フラッシュメモリ」です。

次のブログ記事は「8月20日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。