サイト内検索:

「サザンオールスターズ」のグループ名の由来

2008年の活動休止前の最後のライブで、桑田佳祐が7万人のファンを前に「皆さんにいったん、お預けします」と語った「サザンの屋号」。そのバンド名は、ひょんなことから生まれている。

「サザンオールスターズ」同級生がその場しのぎで命名した

名付け親は桑田の小中学校の同級生で、ワーナーミュージックジャパンに勤める宮治淳一さんだ。それも、その場しのぎで付けたものだったという。

その場しのぎ?

にしてもサザンがデビューした時にも不思議だと思ったんですよ。オールスターズといっておきながらスターは誰一人としていなかったし、別に九州とかの南の方出身でもなかったし。

で、バンド名ですが、あるライブに出演することが決まったにも関わらずグループ名がぎりぎりまで決まらなかったそうです。

「締め切りの前の晩、風呂に入っていたら、ラジオから『サルサの帝王、ファニアオールスターズ、ついに来日』っていうCMが流れて、『ふーん、来日するのか』と思って、部屋に戻ってニール・ヤングの『サザン・マン』を聴いていたら、パッと『サザンオールスターズ』の名前を思いついたんです」

と宮治さんは語ります。ってことは下手したらファニア・マンになっていた可能性もあったわけですね。

ということでそれ以来「サザンオールスターズ」なのだそうです。

そのバンド名に対するこだわりのなさは、後に歌詞について「料理でいうところのお皿のようなもの」と語ったのと重なる。サウンドを鳴らすこと、それがすべてだったのかもしれない。

もう音とかメロディ以外はどうでもいいんですねw

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年8月12日 20:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iOSでもFlashサイトが表示できる「Puffin Web Browser」がいろいろよくなっててびっくり。」です。

次のブログ記事は「8月13日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。