サイト内検索:

編集者が選ぶ「コミックナタリー大賞 2013」の1位は佐野菜見の「坂本ですが?」

ナターシャが運営する「コミックナタリー」では9月18日、マンガ編集者が審査員となる「コミックナタリー大賞 2013」の受賞作品を発表。1位に佐野菜見著「坂本ですが?」(エンターブレイン刊)が選ばれた。

編集者が選ぶ「コミックナタリー大賞 2013」の1位に佐野菜見の「坂本ですが?」

「坂本ですが?」が1位ですか。うーんうーん。

坂本ですが? 1 (ビームコミックス) 坂本ですが? 1 (ビームコミックス)

いや、「坂本ですが?」は確かに面白いんですが、この手のやつって回を重ねるごとにマンネリ化していく傾向があるのでその点が心配です。

で、2位以下はどうかというと、

なお、2位には諫山創「進撃の巨人」、3位に桜井画門「亜人」、4位に東村アキコ「かくかくしかじか」、5位に松井優征「暗殺教室」、荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」がランクインした。

うーん、こういう並びだったら個人的には「進撃の巨人」が1位で2位は「銀の匙 Silver Spoon」、3位は「暗殺教室」って感じかなあ。

なんというか、私の場合は回を重ねていくにつれて段々面白くなっていく、ってのが好きなんですよね。

でもまあ「坂本ですが?」も確かに面白いのでまだ読んだことがない人は是非。

ちなみに「坂本ですが?」的面白さだと私は「ふうらい姉妹」というやつもオススメしたいです。「ふうらい姉妹」の中で交わされている会話のようなものができる人になりたいと思いながら何度も読み返しましたよ。

ふうらい姉妹 第1巻 (ビームコミックス) ふうらい姉妹 第1巻 (ビームコミックス)

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年9月18日 20:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone 5sの「M7」コプロセッサの搭載は「コンテクスチュアルコンピューティング」への一歩」です。

次のブログ記事は「9月19日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。