サイト内検索:

無線LAN接続のBDドライブがパイオニアから、好きな場所に設置可能

無線LAN経由でアクセスできるパイオニア製ポータブルBDドライブ「BDR-WFS05J」が発売された。BDドライブをPCから離れた場所に設置することができ、レイアウトが自由になるのがポイントだ。

無線LAN接続のBDドライブがパイオニアから、好きな場所に設置可能

無線LANでも接続できるBDドライブ、ってこれはまた微妙な製品ですね。24,480円ぐらいですって。うーむ、高いなあ。

PCとの接続インターフェイスとして、USB 3.0のほかに無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n、2.4GHz/5GHz)が搭載されているのが特徴だ。

気になる無線LAN利用時の転送スピードですが、無線LANルータを介する場合と介さない直接やりとるするモードの2つがあるようです。

直接の場合は、

ドライブの使用中はインターネットなどへアクセスできなくなるが、実効70Mbpsの高速データ伝送が実現できるという。

ドライブと繋がっているのでインターネットには繋がらなくなっちゃうそうです。それは困るな、ってことをルータを介する場合を選んでみると、

無線LANルータを介して接続するため、ドライブを使用しながらインターネットなどへのアクセスも可能だが、実効速度は35Mbpsになるとしている。

それ以外にも実効スピードにはいろいろ依存する部分があり、

手持ちの無線LAN環境によって実行速度が変化する点にも注意が必要。アクセスポイントモードで実効70Mbpsが実現できるのは、理論値300Mbps(IEEE 802.11n、40MHz帯使用時)の環境の場合で、理論値144Mbps(11n、20MHz時)環境では実効50Mbps、理論値54Mbps(11a)環境では実効20Mbpsになるという。

なのだそうです。

で、実際にどれぐらいスピードがでていればBDが再生できるかというと、

そして、BDコンテンツ(2D)が再生できるのは実効70Mbpsの場合のみで、それ未満ではDVDのみ再生可能とされている。

うーむ、ほんとに微妙だなあ。

とはいえ、無線LAN対応で置き場所が自由にできる点は非常にメリットでありますので、こんなの待っていたって人はいろいろ検討してみてください。

対応OSはWindows 8/7/Vista/XPで、後日ファームウェアのアップデートによりMac OSにも対応するとしている。付属品はACアダプタ、USB 2.0ケーブル、ソフトウェア収録ディスクなど。USB 3.0ケーブルは付属しない。

USB 3.0ケーブルは付属しない・・・じぇじぇじぇ!

パイオニア BDXL対応 ワイヤレスポータブルBD/DVD/CDライターPioneer BDR-WFS05J パイオニア BDXL対応 ワイヤレスポータブルBD/DVD/CDライターPioneer BDR-WFS05J

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年9月30日 16:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エクストリームなウォータースライダー」です。

次のブログ記事は「モー娘。再ブレーク理由はダンスと歌唱力のレベルUP?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。