サイト内検索:

Microsoft、Nokiaの携帯電話事業を約7,000億円で買収

米MicrosoftとフィンランドNokiaは2日(現地時間)、MicrosoftがNokiaの携帯電話事業を買収することで合意したと発表した。

Microsoft、Nokiaの携帯電話事業を約7,000億円で買収 - PC Watch

この合意に基づき、Nokiaは実質上全てのデバイスおよびサービス事業をMicrosoftに譲渡し、特許とマッピングサービス利用権をライセンスする。買収額は54億4,000万ユーロ(約7,131億円)で、Microsoftは、Nokiaの株主および当局の承認を経て、2014年第1四半期までに全額を現金で支払う。
Nokiaのデバイスおよびサービス事業には、携帯電話およびスマートデバイス事業部や、デザインチームなどが含まれ、Microsoftは携帯電話/スマートフォンのハードウェア設計/製造事業を手に入れることになる。買収後には従業員約32,000人がMicrosoftに転籍する。

Googleによるモトローラ買収に続き、マイクロソフトによるノキア買収です。これで携帯電話持っていないのってYahooとAmazon、ああそしてFacebookぐらいになっちゃったわけですが、買収しようにももうRIMぐらいしか残っていないからなあ。RIM買いたいところはないだろうなあ。

まあ台湾とか韓国企業の携帯電話事業を買うってのもあるかもしれないけど、あまり現実的じゃないですよねえ。

しかし、このノキア買収によってWindows Phone陣営というのがいなくなってしまったわけで、それはまあAppleと同じといえば同じなんだけど、後発でしかも販売業績があまり芳しくありませんからね。なんかSurfaceみたいに不良債権になりそうな予感がしないわけではないのですが、そのあたりはバルマー以降のCEOの手腕に期待、ってことで。

それにしてもマイクロソフトは攻めているなあ。対Googleという点ではがんばって欲しいんです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年9月 3日 18:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガンホーの新作スマホゲーム「ディバインゲート(ディバゲ)」」です。

次のブログ記事は「冒険小説の身も蓋もない終わり方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。