サイト内検索:

ソニー、スマホをモニター代わりにする「レンズ型デジカメ」海外発表

ソニーは海外イベントにおいて、スマートフォンに取り付けて撮影する「Cyber-shot DSC-QX100」および「Cyber-shot DSC-QX10」を発表した。日本での発売は未定。

ソニー、スマホをモニター代わりにする「レンズ型デジカメ」海外発表

いやあ、久しぶりにソニーっぽい製品でいいですね。

レンズ型デジカメってのはつまりこういうことです。

QX

撮像素子、レンズ、画像処理エンジン、microSD/M2メディアスロット、バッテリーなどからなる円筒形の製品。デジタルカメラからレンズだけ取り出したような外観をしており、これをスマートフォンの背面に取り付けて使う。あるいは、スマートフォンから離した状態でも撮影が可能だ。

いわゆるデジカメの背面液晶ディスプレイがない状態、なわけですが、これ、もしかしてシャッターもないのか?スマホのアプリがないと使えない?

スマートフォンとの接続はWi-Fiで行なう。スマートフォンからはソニー提供のアプリ「PlayMemories Mobile」を介して操作。スマートフォンのモニターをファインダーや操作部として利用する(QX100/QX10にはモニターがない)。対応するスマートフォンのOSは、iOS 4.3以上、Android 2.3~4.2。

で、DSC-QX100にはF1.8-4.9の光学3.6倍ズームCarl Zeiss Vario-Sonner T*(焦点距離28-100mm相当)が、DSC-QX10についてはセンサーが違うことしかリンク先記事には書かれていませんでした。

まあ、日本での発売は未定なんですけどね。日本でも発売されたら買うのかな?多分買わないような気がするな。多分こういうのは2世代目がいいような気がするw

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年9月 5日 15:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Intel、低電力サーバー向けSoC「Atom C2000」を発表」です。

次のブログ記事は「山形県、オープンソースからMicrosoft Officeに再切り替え」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。