サイト内検索:

「おめでとう東京」もアウト 五輪商戦、言葉にご注意

経済効果数兆円とも言われる2020年の東京五輪――。多くの企業や商店街などがお祝いムードに商機を見いだそうとするが、ちょっと待った! その宣伝文句が五輪をイメージさせるだけでも、日本オリンピック委員会(JOC)から思わぬお叱りを受ける可能性がある。

「おめでとう東京」もアウト 五輪商戦、言葉にご注意

なかなか面倒くさそうな話ですね。

朝日新聞のサイトなのですが、肝心なところが会員じゃないと読めないようになっておりますが、「4年に一度の祭典がやってくる」とか「おめでとう東京」「やったぞ東京」「招致成功おめでとう」「日本選手、目指せ金メダル」「日本代表、応援します!」といった文言は公式スポンサー以外は商用利用できないようになっているようです。JOCから「アウト!」って言われるそうです。

これはJOCとIOCがオリンピックとか五輪を商標登録しているからのようです。許可されていないところがオリンピックをイメージさせる言葉を使うといわゆる商標権侵害となりようです。

とはいえ、サッカーでも「日本代表、応援します!」は使うだろうしな。まあ、さすがにそこでは商標権侵害は訴えてこないだろうけど。

何にしてもお金払っていない非スポンサーは使っちゃいけないと。まあこれは逆を言えば高いお金を払っている公式スポンサーのためでもあるんで、仕方ないところがあるのかもしれませんね。タダ乗りは許さないぞ、と。オリンピックも今や興行でありビジネスですからね。

ちなみに商業利用・営利目的以外はOKのようです。なので個人で称える分には全然問題なさそうです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年9月10日 20:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スーファミ用ゲーム「マリオペイント」で作られたDaft Punkの「Get Lucky」」です。

次のブログ記事は「ソニー、防滴・NFC対応のワイヤレスポータブルスピーカー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。