サイト内検索:

ゴジラの酒

酒、といっても日本酒ではなく本格麦焼酎なのですが。

小西酒造株式会社(本社:兵庫県伊丹市)は、2009年に東宝株式会社よりゴジラ生誕55年 (1954年11月3日『ゴジラ』初公開)を記念する企画についてご相談を受け、 G(ゴジラ)プロジェクトを立ち上げました。

2009年のお話なのか。

そこで1989年に公開された『ゴジラVSビオランテ』に登場したゴジラを基本モデルとした陶器原型の製作をスタートさせたのです。

あああ、「ゴジラVSビオランテ」かあ。懐かしいな。連休にビデオ借りてみようかな。

造型師・伊藤成昭氏の手で、ビオランテゴジラ(通称「ビオゴジ」)の原型が 成形され、『ゴジラVSビオランテ』から6作続いた「平成ゴジラ」シリーズで 特技監督を務めた川北紘一氏が監修されました。

ということでしっかりとした監修付きです。

SAKE

で、器としてのゴジラはさておき、中身の方は、

内容とされているのは、六甲山長尾山系伏流水「白雪丹水」で割った 大麦100%の本格焼酎で、まろやかな味わいを楽しんでいただけるものと思います。

だそうです。

1本1万500円とたいへん高価なのですが、その値段のほとんどはデカンタとしてのゴジラだと思いますので、飲みきったあとはそこにお酒を入れて延々飲み続けることができますので、往年のゴジラファンの方は買ってみてはいかがでしょうか。

【長寿蔵ネットショップ】 白雪・本格麦焼酎「破懐王 SAKEゴジラ」720ml 陶器詰 【限定3000本】

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年9月13日 19:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スタートレックのようなテレポーテーション・イリュージョン」です。

次のブログ記事は「BelkinのまるでガラスのようなiPhone用液晶保護フィルム「TrueClear™ InvisiGlass Screen Protector」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。