サイト内検索:

「歩きスマホ」に盗撮と言いがかり 恐喝被害

歩きながらスマートフォンを使ういわゆる「歩きスマホ」をしている人が、通行人とぶつかったり交通事故にあったりする危険性が指摘されていますが、東京の新宿駅の周辺で歩きスマホをしていた男性が実際は画面を見ていただけなのに「盗撮をしていただろう」と男に言いがかりをつけられ、現金を脅し取られる被害に遭っていたことが分かりました。警視庁は男を逮捕するとともに注意を呼びかけています。

「歩きスマホ」に盗撮と言いがかり 恐喝被害 NHKニュース

うーん、これはなんか流行りそうでやだな。ちょっと怖い感じの人から因縁つけられたら面倒ですよねえ。

警視庁によりますと、ことし7月、新宿駅近くの路上でスマートフォンを操作していた36歳の会社員の男性が「盗撮していただろう」と男に言いがかりをつけられ現金13万円を脅し取られました。
また先月には、JR新宿駅構内の通路で26歳の会社員の男性が「スマホで盗撮をしていただろう」と別の男に言われ、現金50万円を脅し取られそうになりました。

結構な金額を要求しますよね。それにしても13万円請求されて払えるだけ持っていたというのも私からみればすごい話です。さすがに50万円をぽんと払える人はそう多くはないでしょうけど。

で、なんでお金払っちゃったかというと、

被害者の1人は「スマホに集中して急に声をかけられ、冷静な判断が出来ずお金を渡してしまった」などと話しているということです。

なのだそうです。

とりあえずこういう場合は恐喝になるようなので、因縁つけられたら警察行って話をつけるのがよさそうです。

ちなみに歩きスマホといえば夜遅い時間の駅のホームでの歩きスマホが危ないなあ、と毎日会社から家に帰る時に思っています。だって、夜の駅のホームといえば汚いものが結構あったりするんですが、歩きスマホの人は平気でその上を歩いて行きますからね。まあ、本人は気づいていないからいいかもしれませんが、臭いは残るだろうなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年9月18日 20:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「燃えさかるソファに座ってギターの弾き語りをする男」です。

次のブログ記事は「iPhone 5sの「M7」コプロセッサの搭載は「コンテクスチュアルコンピューティング」への一歩」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。