サイト内検索:

ソフトバンク、米モバイル卸売大手のBrightstarを12.6億ドルで買収

ソフトバンクは10月19日、米モバイル端末卸売大手のBrightstar株式の約51%を総額12億6000万ドル(約1247億円)で取得し、傘下にすると発表した。取引は2013年末までに完了の見込み。

ソフトバンク、米モバイル卸売大手のBrightstarを12.6億ドルで買収

このBrightstarという会社を私はまったく知りませんでした。

Brightstarは1997年創業のフロリダ州マイアミに拠点を置く移動通信分野に特化した卸売大手。モバイル関連製品の卸売、物流・在庫管理、エンドユーザー向けファイナンス等を手掛ける。ソフトバンクの子会社であるソフトバンクモバイルおよびソフトバンクテレコムが、同社に対して中古の携帯端末を販売している。2012年12月期の売上高は前年同期比11%増の63億ドル(約6165億円)、1株当たり純利益は7.16ドル。

それにしても買収するお金がよくあるなあ、と感心するのですが、Brightstarは買収しなければならなかったのでしょうか?

ソフトバンクは、Brightstarを子会社化することにより、モバイル製品の調達規模を拡大し、日米における競争力を高めていく狙い。

調達規模を大きくすることで仕入れ価格を下げれば投資資金分は回収できちゃう、って感じなのでしょうか。

まあ2040年に時価総額200兆円を実現するためにはガンガンいかないとだめなんでしょうね。

30年後に時価総額200兆円へ=ソフトバンク社長

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年10月21日 18:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「幽霊カメラアプリでイタズラ」です。

次のブログ記事は「10月22日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。