サイト内検索:

エバーノートのリービンCEO、セールスフォースなどとの協業サービスを説明

米エバーノートは2013年10月1日、フィル・リービンCEOが来日。9月26、27日(米国時間)に開催した「Evernote Conference(EC3)」で発表した新サービスを国内の報道関係者向けに説明した

エバーノートのリービンCEO、セールスフォースなどとの協業サービスを説明

リービン氏は冒頭で「Evernoteのユーザーは世界で7500万人を超え、その内66%が仕事で利用している」と述べた。2012年12月に提供を始めた中小ビジネス向けのサービス「Evernote Business」は「世界で8000社以上に導入されている」(リービン氏)という。

Evernoteをビジネスで使っている、という人が周りにいないのでよくわからないんですが、どんな使い方をするんでしょうかね。で、そんなビジネスで使っている人なら嬉しいであろうSalesforceとの連携ソリューション「Evernote for Salesforce」です。

続けて米セールスフォース・ドットコムのCRM(顧客関係管理)クラウド「Salesforce」に、Evernote Businessを連携させた「Evernote for Salesforce」を紹介した。

Salesforce使っている人だったら顧客関連情報はSalesforce側に入れちゃうだろうにな、と思うのですが、実際はそうじゃないんですね。

Evernote for Salesforceを使うと、Evernote Businessに保存してある情報をSalesforce内の顧客レコードに直接追加できる。さらに「例えば特定の顧客やトピックについて、同僚がEvernote Businessで保存したノートから関連するものを表示したり、詳しいと思われる同僚を表示してメールを送信したりできる」(リービン氏)という。

なるほどなあ。といってもテキストだけだとよくわかんないかと思うのでデモビデオがあったのでそれを紹介しておきます。


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年10月 2日 17:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウイングアークとサイボウズとうちの会社、中小企業向け帳票クラウドを共同開発」です。

次のブログ記事は「10月3日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。