サイト内検索:

Googleが利用規約変更、広告内でのユーザー名や写真の使用について説明

米Googleは11日、Googleの各種サービスに関する利用規約を11月11日に更新するとして、ユーザーへのアナウンスを開始した。

Googleが利用規約変更、広告内でのユーザー名や写真の使用について説明

新たな利用規約では、ユーザーの名前や写真を広告に表示する「共有おすすめ情報」について明記。Google Playのアプリストアに対するコメントや、お店に対するGoogle+での「+1」などの情報を、ユーザーの友達やその友達に対して、ユーザーのプロフィールと写真付きで広告コンテンツに表示することを説明している。

Google+内でお店に「+1」をつけるとその広告をお友達が見た時に自分のアイコンが表示されるようになるそうです。

まあ、単なるテキスト広告よりそこにお友達の顔写真があったら興味引きますもんね。でも「+1」が「オススメ」でない場合もあるわけですから、これは微妙ですねえ(例えばその製品やお店に対してネガティブな意見を書いたものに対して「+1」した場合など)。

というか、Google+内のアクティビティデータがこういう感じで今後使われていくってのは個人的にはちょっとなあ、って気がしています。

で、顔写真等を表示されなくすることもできるようです。

Googleが新しい広告でユーザの顔と名前を勝手に使うのを, やめさせる方法

やり方はこの記事に書かれている方法でできます。多分今後このオプションは設定の中のどこかわからない場所に移動するでしょうからわかっているうちに表示されない設定にした方がよいかと思います。

そのうちYouTubeで観たビデオに関連する広告が表示される時も顔写真や名前が表示されるようになっちゃうんだろうなあ。あ、Gmail中に記載した製品名やメーカの広告でも出ちゃうのかも。

まあとりあえずGoogle+内で「+1」するのはやめようと思います。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年10月15日 19:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ディズニーのシンデレラの映像に恐怖映画「キャリー」の予告編の音声を載せてみると。」です。

次のブログ記事は「10月16日のラッキ−さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。