サイト内検索:

ウイングアークとサイボウズとうちの会社、中小企業向け帳票クラウドを共同開発

ウイングアーク株式会社とサイボウズ株式会社、有限会社アイビィ・コミュニケーションズ(以下、アイビィ)は2日、中小企業向けクラウド帳票サービスを共同開発すると発表した。

ウイングアークとサイボウズ、中小企業向け帳票クラウドを共同開発

サイボウズの業務アプリ構築クラウド「kintone」とウイングアークの帳票ソリューション「Super Visual Formade(SVF)」を連携させた、簡単操作で帳票を作成できる「SVF for kintone」を開発し、12月2日より提供する。

うちの会社も絡んでいる案件です。共同開発する、というか12月2日リリースに向け現在絶賛開発中です。

うちの会社で作っているのは「AIVY レポートデザイナー for kintone」というWindowsアプリで帳票テンプレートのデザインを行うためのWindowsアプリケーションです。

kintone側で会社名とか商品名とか数量とかなんだかんだ定義した項目を入力したデータを「AIVY レポートデザイナー for kintone」で作った帳票イメージ内に取り込んでその結果をSVFの投げて帳票イメージを作成しPDFにして返す、という仕組みのものです。

kintoneからデータ引っぱってくるAPIとかSVFに投げるAPIを屈指するWindowsアプリとか受けたデータを処理するSVFサーバー上で稼働するアプリケーションなどを作っております。

大企業ではSVFをはじめとした帳票基盤の導入が進む一方で、中小企業ではいまだにExcel/Wordを利用して、手動で帳票を出力していることが少なくない。そこでクラウドで業務アプリを手軽に作成できるkintoneとSVFを連携させ、帳票設計を簡単・安価に実現し、これまで導入が困難だった中小企業にとって導入しやすい帳票ソリューションを提供する。

現在まだ開発中なので最終的にどういう形態になるかわかりませんが、多分帳票の作成にExcel/Wordは必要なくなりブラウザだけでOKな世界ができあがると思います。入力データはkintone側で一括で管理できるようになるので、中小企業で個人や組織ごとにそれぞれ独自にバラバラに管理されていたデータがなくなります。それによるメリットはいろいろあると思います。その世界を実現し、中小企業に喜んでもらえるようがんばっていこうと思っております。

ということで、kintoneのデータベースは完璧に理解・把握しておりますので、kintoneを使って何かアプリを作りたい、なんて時はお声を掛けていただけると嬉しいです。

ああ、実に堅い仕事だ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年10月 2日 17:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Evernoteアプリの先にあるもの。スキャナー、手帳、財布から靴下まで」です。

次のブログ記事は「エバーノートのリービンCEO、セールスフォースなどとの協業サービスを説明」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。