サイト内検索:

あらゆる物をネットに接続するBluetooth 4.1規格が12月にリリースへ

Bluetooth SIGは6日(日本時間)、都内で記者会見を開き、Bluetooth SIGの活動状況と2013年12月にリリースを予定しているBluetooth 4.1規格を紹介した。

あらゆる物をネットに接続するBluetooth 4.1規格が12月にリリースへ

Bluetooth 4.1はこんな感じ。

12月のリリースをめどに現在進められているBluetooth 4.1規格では、新たにIPv6によるインターネットへの直接の通信をサポートする。これにより、従来のスマートフォンやPCのアプリケーションにあらかじめデータを転送し、そこからクラウドサービスに転送するといったステップを踏むことなく、ルーターを経由してデバイスが直接クラウドサービスにデータをアップロードできるようになる。

Bluetooth 4.1でIPv6をサポート、って何が何だかわからないのですが、Bluetooth 4.1の低位レイヤー上にv6が実装される、ってことなんだろうなあ。

で、これが実現されるとどうなるかというと、

これによってIoTが実現し、新たなデバイスやサービスが生まれるとする。一例として土壌の水分などを管理し、直接クラウドサービスにそのデータをアップロード、農家はPCからでもスマートフォンからでも、クラウド経由でそのデータを参照でき、さらにスプリンクラーによる散水の制御も行なえるといった、これまでにないアプリケーションが誕生するだろうと述べた。

まあ、今でもできそうな話ではあるのですが、ポイントは低消費電力である、というところでしょうか。制御機器などは電気たくさん食うのであまり関係ありませんけど、ちょっとしたセンサーデバイスであればバッテリーだけで長時間運用ができるようになることでしょう。

Nike+のようなデバイスだとランニング中に走行データをiPhone上のアプリを経由せずに直接サーバーにアップロードできたりするんでしょうね。ああ、それは良さそうだ。

あと、アプリケーションの例としてバスケットボール内に加速度センサー埋め込んでドリブルの回数やシュート角度のデータなどを取得するものがあげられていました。

ということで身の周りのあれこれをネット対応にすることができるBluetooth 4.1が楽しみです。

ちなみに、Bluetooth 4.0対応機器はソフトウェアのアップデートを行なうだけでBluetooth 4.1に対応できるそうです!

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年11月 7日 15:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「水平」がとれるiOS用カメラアプリ「LVL CAM」」です。

次のブログ記事は「米Apple、機能劣化した新iWorkの改善を約束~批判を受け一部機能を復活へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。