サイト内検索:

Googleのシュミット会長、「iPhone」から「Android」への乗り換えガイドを公開

Google流のクリスマスキャンペーンとして、Google会長のEric Schmidt氏は米国時間11月24日、自身の「Google+」に「iPhoneユーザーの友人の多くがAndroidに乗り換えている」と投稿した。

シュミット会長、「iPhone」から「Android」への乗り換えガイドを公開

エリック・シュミット会長の投稿オリジナルはこちら

乗り換えの理由は、「サムスンの『GALAXY S4』、Verizonが提供するMotorolaの『Droid Ultra』、そしてAT&T、Sprint、T-Mobileが提供する『Nexus 5』といった最新のハイエンド機種のほうが、画面がきれいで、高速で、はるかに直感的なインターフェースを備えている」からだとSchmidt氏は記している。「iPhoneユーザーに最適なクリスマスプレゼントだ!」

ということでシュミット会長はご丁寧にAndroid端末のセットアップ方法、iPhoneや「iPad」からのアイテムの移行方法、「iTunes」の音楽をクラウドへアップロードする方法を説明されているわけですが、これ、iPhoneユーザ向けだったら「乗り換え」を訴えるより「2台持ち」を薦める方がいいんじゃないかと思いました。

Android機はいいのもあればだめなのもあるのですが、(日本の場合)根本的にだめだなあと思うのはOSのバージョンアップが提供されないところだと思います。せっかく動かせるハードウェアがあるのに最新のOSが使えず、セキュリティホールが発売時と変わらず放置されたまま、というのは2年縛りしている会社としていかがなものでしょうか?少なくても縛っている間は安全性を保証すべきです。私のドコモの富士通のAndroid機、2.3.3からバージョンアップされる気配、まったくないんだぞ!

で、そういう問題もGoogleのNexusシリーズだとあまり気にならなくなります。ちゃんとOSのアップデートが提供されますからね。でも回線2つ持っててもしょうがないんでAndroidはWi-FiモデルにしてiPhoneのテザリング機能を使うとか、それが面倒であれば激安SIMなどを使ってiPhoneとNexusの2台持ちというのが現実的なのではないでしょうか。

AndroidにはAndroidの良いところ悪いところ、そしてiPhoneにも同様に良いところ悪いところがありますので、両方の良いところだけ活用してみるのがいいのではないかと思います。なんだかんだでGoogleのアプリに関してはAndroidの方がデキがいいですし。

ひとつ気になるのは、Appleがいつこれに対抗して、Androidユーザー向けのiPhoneへの乗り換えガイドを出すのかということだ。

Appleが昔やった「PC君とMac君」みたいなCM、今度はAndroid君でやらないかなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年11月26日 16:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「レノボ、世界最軽量350gの8型Windowsタブレット「Miix 2 8」」です。

次のブログ記事は「「サントリートクホ『人間ドック受診券当たる!!』」キャンペーン実施」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。