サイト内検索:

ソーラーパネルは、南よりも西に向けた方がより多く発電するらしい

米Pecan Streetは13日(現地時間)、家庭向けソーラーパネルに関する実証実験の結果を発表した。

ソーラーパネルは、南よりも西に向けた方がより多く発電

同団体が行なった調査によると、テキサス州でソーラーパネルを利用している50戸で、電気の発電量を調べたところ、ソーラーパネルを南向きにするより西向きに設置している方が、より発電できることが分かった。具体的には南向きでは1日に使う電力の35%をソーラーパネルでまかなえたが、西向きでは37%に達した。また、南向きはピーク消費電力を54%削減できたのに対し、西向きは65%削減できたという。

ふむふむ。

で、なんで南よりも西に向けた方がより多く発電するかというと、

報告には、なぜこのような結果になったのかが記されていないのだが、西日を受けることが関係しているのかもしれないし、はたまた大気的な要因もあるのかもしれない。

ということで、理由はわからないみたいです。

ソーラーパネルを設置している人は「いまさらそんなこと言われてもなあ」って気分でしょうか。

同団体では、今後、ソーラーパネルを設置する屋根の角度による違いも調査するそうだが、より効率的な電気の活用のため、日本でもこういった調査をどこかがやってくれないだろうか。

ですね。つうか日本のメーカーってそういう調査ってやっていないのかな?

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年11月19日 15:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イケメン登場のKmartのクリスマス広告」です。

次のブログ記事は「11月20日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。