サイト内検索:

微妙に違った表情を映し出すデジタル鏡

At the University of Tokyo, the Hirose-Tanikawa Lab is doing R&D on a system that virtually creates and affects people's emotional states.

Incendiary reflection mirror arouses emotions by subtly varying facial expressions - DigInfo TV

ということでデジタルコンテンツEXPO2013に出展された東京大学の廣瀬・谷川研究室のデジタル鏡的なものです。

カメラで顔を読み取り液晶ディスプレイに顔を映し出すことで鏡のような役割を果たすのですが、ディプレイに表示する際に表情をちょっと加工して笑った顔や悲しんでいる顔にして表示します。

で、それが何の役に立つかというと、鏡をのぞき込んだ時にちょっと笑顔な自分の顔があったらポジティブな気持ちになれるじゃない、ってことのようです。

その応用として洋服屋さんの試着室などを挙げているのですが、確かに洋服着た時に顔が笑っていると服もよく見えますよね。あと鬱な人もこの鏡を使うことで気持ちが前向きになるかもしれません。

これ、商品化するところあるだろうなあ。


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年12月 4日 16:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「YouTubeの「500 Internal Server Error」画面」です。

次のブログ記事は「「Sign Spinner NINJA!」というショートビデオがよくわからないけど面白かった。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。