サイト内検索:

都知事選の争点の一つ"脱原発"を考える映画『100,000年後の安全』がYouTubeで無料配信

フィンランドに建設されている、世界初の使用済核燃料・最終処分場オンカロにカメラを向けたドキュメンタリー。

都知事選の争点の一つ"脱原発"を考える映画『100,000年後の安全』がYouTubeで無料配信

原発から生まれる高レベル放射性廃棄物の処理をめぐり、未来の地球の安全を問いかけるもので、この映画を見た小泉純一郎元首相がフィンランドにある最終処理場オンカロを視察し、脱原発へと自らの考えを転換するきっかけになったと言われている。

高レベル放射性廃棄物の放射線が消えるまで10万年かかる、って言われていますが、考えてみれば10万年というのは途方もない数字ですね。

仮に1万年、いや1000年でもいいや、例えば1000年前、つまり1014年といえば日本は平安時代なわけで、平安時代の人達が残した負の残骸が今でもまだ残っているなんて現実があったとしたらやな世界ですよね。

ということでこれから10万年間付きなわなければならない高レベル放射性廃棄物についてのビデオです。

2011年4月に日本公開され、話題を集めたドキュメンタリー映画『100,000年後の安全』。現在、この吹き替え版全編がYouTube経由で無料配信されている。

2月10日までの限定公開となっています。1時間ちょっとの映画ですが、是非じっくり観てみてください。人類はどえらいもの作っちゃったなあ、ってのはわかるかと思います。

映画配信ページ

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2014年1月28日 21:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1月28日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「1月29日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。