サイト内検索:

3D SystemsがiPadが立体物スキャナになる「iSense」を発表

3Dプリンタのメーカーである米3D Systemsが、ラスベガスで開催中の「2014 International CES」で、iPadに取り付けて使う3Dスキャナ「iSense」を発表しました。2014年第2四半期に発売予定で価格は499ドルを予定しています。

iPadが立体物スキャナになる! 3D Systemsが「iSense」を発表

これは凄いし、しかも安い。

iPadに製品を装着し、スキャンしたい対象の周りを撮影すると、自動的に3Dデータ化してくれるという便利なアイテム。例えば、お手製のプラモをぐるりと撮影すれば、その3Dデータがお手軽にゲットできるということです。

単なる小物からテーブル、部屋の中などその対応範囲にびっくり。

iPadに製品を装着し、スキャンしたい対象の周りを撮影すると、自動的に3Dデータ化してくれるという便利なアイテム。例えば、お手製のプラモをぐるりと撮影すれば、その3Dデータがお手軽にゲットできるということです。

以下のビデオは多少イメージビデオをっぽいところがありますが、まずは観てみてください。

んで以下はVergeで使われていたビデオ。こっちのようがより現実的です。(ビデオ表示用のscriptタグを貼っているのですがビデオが表示されない方はリンク先ページで観てみてください。)

via The iPad-mounted Structure Sensor 3D scanner turns your world into a video game

最終的には3Dプリンタでの出力を考えているようで、

スキャンしたデータは、同社の家庭用3Dプリンタや、3Dプリントサービス「Cubify.com」を通じて立体化が可能。趣味的な小物のスキャンから、街の気になるモニュメントのデータ化まで――人によっていろんな使い方ができそうですね。

なのですが、Vergeのビデオ観ているとゲームなんかにもインポートできるっぽいです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2014年1月10日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1月10日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「1月11日のラッキ−さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。