サイト内検索:

指にさして使うモーションコントロールのためのデバイス「iRing」

これはまた新しいUXを提供しそうなやつが出てきましたね。

IK%20Multimedia%20%7C%20iRing%20-%20The%20first%20motion%20controller%20for%20all%20your%20music%20apps%20and%20more

IK Multimedia | iRing - The first motion controller for all your music apps and more

スマホを楽器にしちゃうタイプのあれこれをリリースしているIK Multimediaがリリースした「iRing」というデバイス(?)です(この製品名、大丈夫なんだろうか)。

新しいタッチレスのコントラーiRing™で、iPhoneやiPadそしてiPod touchなどのお使いのiOS機器に触れること無く、お使いの音楽アプリやエフェクトをコントロールできます。この新しいiRingは、手の動きを検知しその情報で、エフェクトなど、お使いの音楽アプリのパラメータをコントロールすることができます。
すばらしく劇的な音楽上の効果を、お使いのiOS機器の前面に装備されたカメラの前で手をかざし動かすだけ、というこれまで考えられなかったようなやり方で作り出すことができるのです。

IK%20Multimedia%20%7C%20iRing%20-%20The%20first%20motion%20controller%20for%20all%20your%20music%20apps%20and%20more

この黒い点をカメラが認識することでアプリケーションのパラメータをあれこれ変更させることができる、というものです。

もちろん「iRing」を認識してそれに反応しなきゃいけないのでアプリ側でそれに対応しなければいけないのでどんなアプリでも使えるわけではありませんが、例えばAppleが「iRing」のようなものを製品として販売しSDKを提供したとしたらどんな世界になるか、を想像すると楽しくなってきませんか?

ちなみにIK MultimediaもiRing用のSDKを提供しているようです。さすがにそこはぬかりないですね。

iRingでは、お使いのアプリで設定可能なパラメータを制御するために、イメージ認識、モーション・コントロール、そして正確な位置検知技術といった先進の特許技術を採用しています。iOS機器の前面に装備されたカメラが、手に装着されたリングの正確な位置を判断し、iRing上の三角状、または横一列に配置されたパターン認識用のマーカーの動きを認識、トラッキングします。そして最大6つのパラメータを同時にコントロールすることができるのです。

今はこんな形状になっていますが、もっと普通の指輪のようなものになり、さらにそこにウェアラブル機器的な要素が入ってくるとこれまた楽しい世界が生まれそうです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2014年1月 9日 19:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「空飛ぶ絨毯のようなテーブル」です。

次のブログ記事は「走っているトレーラの荷台でBMXパフォーマンスするビデオ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。