サイト内検索:

「週数時間働くだけで月給60万円」その求人メール、「マネーミュール」誘いの罠かも

《給与は一月あたり60万円以上の見込みになります。もしこの職にご興味がありましたら、至急弊社にご連絡ください》こんな"求人メール"が届いたら要注意だ

「週数時間働くだけで月給60万円」 その求人メール、「マネーミュール」誘いの罠かも 資金洗浄"運び屋"に仕立てられ

「こんにちは 私の名前はマーチンと申します。」という書き出しで始まるメールが届いたら要注意だそうです。特に関西の人は、

オレオレ詐欺には強いが、還付金詐欺など「儲かりそう」と錯覚させられる話には弱いとされる関西人は特に注意が必要かもしれず、専門家は「そんなにおいしい仕事はない。犯罪の片棒を担ぐことのないよう十分注意すべきだ」と警鐘を鳴らす。

だそうですw

で、このメールは「マネーミュール」というマネーロンダリングの手法で、いわゆる「運び屋」なのだそうです(マネーミュールとは「現金を運ぶラバ」という意味)。

運び屋といっても実際に現金を持って運ぶわけではなく、新しく口座を開設し、その口座がロンダリングに使われるというもののようです。

振り込まれた金額の約90%を指定の送金サービスで海外に送金すれば、残りを手数料として取っておくことができるという内容で、マネーミュールの典型だった。

ちなみにこのマネーロンダリングに荷担すると刑務所行きになるそうなので気をつけないと、ですね。

で、実際にどれぐらい行われているかというと、

警察庁によると、インターネットバンキングの不正送金事件で、海外送金サービスを悪用したマネーロンダリングは昨年3月に初めて確認され、7月以降に急増した。11月末段階で218件、約2億6千万円の被害が確認されている。

具体的には、

先月には、ついに逮捕者も出ている。犯罪グループに自分の口座情報を伝え、資金を海外に送金するマネーミュールを実行したとして、名古屋市のフィリピン国籍の男(32)が犯罪収益移転防止法違反容疑で愛知県警サイバー犯罪対策課に逮捕されたのだ。
逮捕容疑は昨年10月29日、自分の口座に振り込まれた40万円のうち、38万円を引き出し、海外送金サービス業者を通じて37万6千円をロシアに送金するなどしたとしている。

ということで、(自戒を込めて)怪しいメールには十分注意を!

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2014年2月18日 17:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AppleがMicrosoftを越えた、という話」です。

次のブログ記事は「2月19日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。