サイト内検索:

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、スーパーボウルでエア演奏のワケ

週末(2月2日)、スーパーボウルのハーフタイムでパフォーマンスしたレッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリー(B)が、演奏中、なぜギターやベースがアンプに繋がっていなかったのか、その理由を説明した。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、スーパーボウルでエア演奏のワケ

スーパーボウルのハーフタイムでのフリー様のベースにコードが繋がっていなかったことからいろいろ話題になったレッチリですが、その理由がちゃんと説明されたようです。

「NFLとブルーノからスーパーボウルで"Give It Away"をプレイしてくれって頼まれたとき、ボーカルはライブだが、ベースやドラム、ギターは事前に録音したものを使うってはっきり言われた。この件に対するNFLの姿勢はわかる。ステージの準備をするのに数分しかなく、上手く行かない可能性やサウンドが台無しになる可能性は限りなく高かった。この件に関して議論の余地はない。NFLはサウンドの不手際によりショウを失敗させるリスクは負いたくなかった」と説明した。

ですよねえ。セットを予め用意していたらサプライズにならないだろうし。それにブルーノ・マーズのバンドもカラオケだろうし、レッチリのあの登場に仕方じゃ無理ってもんですよ。

でも、それでもレッチリが当て振りやるか?と思ったのですが、

今回もやるかやるまいか相当悩んだものの、スーパーボウルでプレイするなんて人生で1度切りのクレイジーなチャンスと考え、出演を決定したそうだ。当日、アンプにコードを繋ぎ生演奏しているフリもできたが、あえてしなかったという。

ということで、あえてコードを繋がないことでそれがカラオケであることを伝えたかったんですね。

そんなわけで、そんな理由も納得できるNFLスーパーボウル2014のハーフタイムショーをお楽しみください。ブルーノ・マーズがライブだとこんなにR&Bでファンキーだとは思わなかったよ。


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2014年2月 6日 17:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「生まれて初めて「雨」を体験する女の子のビデオがなぜか感動的」です。

次のブログ記事は「2月7日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。