サイト内検索:

プラネックス、約2gと超小型の11ac対応無線LAN子機「手裏剣」

プラネックスコミュニケーションズ株式会社は4月2日、IEEE 802.11acに対応したUSB接続タイプの無線LAN子機「手裏剣(型番:GW-450S)」を発表した。参考価格は2480円(税別)。

プラネックス、約2gと超小型の11ac対応無線LAN子機「手裏剣」

「手裏剣(GW-450S)」は、IEEE 802.11acに対応した無線LAN子機のため、11ac対応の無線LAN親機と組み合わせることで、最大433Mbpsの転送速度で通信することができる。対応規格はIEEE 802.11ac/n/a。周波数帯を5GHz専用としたことで、約16.0×18.8×7.3mm、重量約2gという小型サイズを実現した。

なんで「手裏剣」なのかはわかりませんが、とりあえず手裏剣のマークが入っています。

syuriken

USB 2.0の理論上の最大データ転送速度は480Mbpsで802.11acが最大433MbpsなのでUSB 2.0でもそれがボトルネックになることはないですね。

セキュリティは、WPA2-PSK(AES/TKIP)、WPA-PSK(AES/TKIP)、WEP(64/128bit)に対応。電源はUSB給電となる。消費電力は最大約1.5W。OSは、日本語版のWindows 8.1/8(32/64bit)、Windows 7(32/64bit)、Windows Vista(32/64bit)、Windows XP SP3(32bit)、およびMac OS X 10.9/10.8/10.7/10.6に対応する。

ということでWindowsでもMacでも使えます。

PLANEX 11ac/n/a 433Mbps 5GHz専用 USB2.0対応 無線LAN子機 超小型モデル GW-450S 手裏剣 PLANEX 11ac/n/a 433Mbps 5GHz専用 USB2.0対応 無線LAN子機 超小型モデル GW-450S 手裏剣

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2014年4月 2日 18:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ランボルギーニ・アヴェンタドールが事故る瞬間」です。

次のブログ記事は「4月3日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。