サイト内検索:

上司が雑務を率先して行う組織(会社)はやばい?

最近、上司と呼ばれる人たちの中には、雑用を率先して行う人が増えているそうです。

雑務を率先して行う"皿洗い上司"が組織を滅ぼす?現実逃避に走る上司たち

この記事では雑務は飲食店における皿洗いなのですが、上司が率先して皿洗いをしている姿を見たらあなたはどういう印象を持つでしょうか?

その姿を見て、スタッフたちは「経費削減のために頑張っているんだな」「キッチンスタッフが調理に専念できるように、地味な仕事を引き受けてくれているんだな」と考え、店長の仕事に対する真摯さの表れと理解していました。

こんな感じですよね。偉い人が雑用を自ら進んでやっているんですから普通はちょっと感動しちゃいますよね。

でも、この飲食店は最終的にはつぶれてしまったようです。

しばらくして、その店は売り上げ低迷により潰れてしまいました。店長が真摯に仕事をしていたのに、売り上げが伸びなかったという話ではありません。むしろ、その店長は真摯ではなかったといえるのです。

真摯に仕事に打ち込んでいると思っていた店長が実は真摯ではなかったと。つまりこういうことです。

店長が毎日皿洗いをしていたのには、別の理由がありました。潰れるずいぶん前からすでに売り上げが低下しており、店長はもちろんそれに気づいていました。しかし、売り上げを上げる良い方法が見つからず、スタッフから「怠けている」と思われないために、目先にある雑務をこなし、現実逃避していたのです。

まああれですよ、汗流していれば仕事しているような気になる、ってやつですよ。

とりあえず、皿を洗っていれば「一生懸命仕事をしている」と周りに思ってもらえると考えて、その狙い通りスタッフからは評価を得ていましたが、結果、お店は潰れたのです。一生懸命な仕事ぶりに見えて、この店長の皿洗いは職務放棄だったといえるのです。

ということで、たいていの上司の仕事はマネージメントだったり意志決定だったりするわけですから、違う事をやっていたら「やばいな」と感じないといけない、というわけです。

皿洗っている上司がいたら「これはあなたの仕事ではない。あなたはあなたのの仕事をちゃんとやれ」と言ってやりましょう。

ま、普通はそんなこと言えないと思いますので、仲のよい別の上司経由でさりげなく・・・w

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2014年5月21日 21:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なぜリスなのかがわからないiPhoneと組み合わせてスキャナにもなるPFUのデスクライト「SnapLite」」です。

次のブログ記事は「5月22日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。