サイト内検索:

恥ずかしながらシャトルシェフというものの存在を今日初めて知りました。

ちょっと変わったプレスリリースのiWireの第8号は「シャトルシェフ」についてでした。

「宇宙」で作るから美味しいらしい。ロングセラー商品 シャトルシェフって?

私は恥ずかしながらこのリリースを見るまでシャトルシェフというものの存在を知りませんでした。だって、うちで使っていないし、実家でも使っていないんだもん。

で、リリース読んでいたら非常に欲しくなってきました。そこでまず気になったのが値段です。

THERMOS 真空保温調理器 シャトルシェフ 2.8L アプリコット KBF-3000 APR THERMOS 真空保温調理器 シャトルシェフ 2.8L アプリコット KBF-3000 APR

2.8リットルタイプのもので定価は16200円ではあるものの、実売は5400円ぐらいのようです。おお、これぐらいなら買える。

安心したところでリリースを読み直してみるといろいろなことがわかりました。

まずポイントは「熱」を閉じ込め、保温することで調理を行うというところでしょうか。

火にかけておく時間が短く済むので経済的。 保温調理中は火を使っていないので目を離しても、外出しても安心。 料理が温かいまま保たれるため、帰宅の遅い家族のために料理を温め直す必要もない。
外出前に仕込んで仕事に出かけたり、子育て中のママは赤ちゃんの相手もゆっくりできたり、 素材のおいしさを引き出しながら、時間を効率的に使えて、光熱費も抑えられるとあって、 まさに忙しい現代人のニーズに合った商品だといえそうだ。

なんでこんな便利なものを我が家では使っていないのだろうかと思い、発売日を見てみたら25年前の1989年なんですね。うーむ、なんで25年もの間知らないで生活できたんだろうか。

で、リリースではシャトルシェフと同じ真空断熱構造を持つ魔法瓶に関する面白い話やシャトルシェフで作る料理の例などが紹介されていますので、読んで面白かったらあなたのブログでも取り上げてみて下さい。

うちの奥さんも読んでシャトルシェフ買って使って欲しいなあ。

「宇宙」で作るから美味しいらしい。ロングセラー商品 シャトルシェフって?

インフルエンサーワイヤー


iWireとの関係について

インフルエンサーワイヤー(iWire)事務局から委託を受け外部編集委員をつとめています。ブロガーの立場から、ニューズレターの編集やサービスについてアドバイスしています。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2014年6月 9日 19:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「電気の要らないコカ・コーラのバイオ冷蔵庫」です。

次のブログ記事は「ソフトバンクの「Pepper」との会話ビデオ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。