サイト内検索:

シャープ、丸い液晶も実現できるディスプレイ技術を開発

シャープ株式会社は18日、四角形以外の形状を取ることができる「フリーフォームディスプレイ」を開発したと発表した。

最初この記事タイトルを見た時に、なぜか「丸洗い液晶も実現できる」と空目してしまい、なんで液晶モニタを洗う必要があるんだろうかという興味から読み始めてみたのですが、全然違いました・・・。

従来のディスプレイは、表示領域の外周部に、駆動用回路を配置する一定の額縁幅が必要なため、四角形状が一般的だった。シャープは、IGZO技術の応用と独自の回路設計手法の確立により、駆動用回路を表示領域内部の画素内に分散配置することで、額縁を極めて細くするとともに、表示領域に合わせて四角形以外の自由な形状のディスプレイを設計することを可能にした。

例えば、四角じゃないこんな液晶モニタを作ることができるようになるようです。

sharp

sharp

このニュースは工業デザイナーさんには相当インパクトがあるのではないでしょうか。いわゆる「リビングルームになじむデザイン」の製品がいろいろ考えられますよね。

同社ではこれ以外にも、円形ディスプレイ搭載のウェアラブル機器や、浮遊感のあるデザイン性に富んだデジタルサイネージなどが実現できるとしており、早期の量産化に取り組む。

シャープ、がんばってるな!

シャープ、丸い液晶も実現できるディスプレイ技術を開発

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2014年6月18日 17:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「視覚的錯覚を活用したOK GoのPV「The Writing's On the Wall」」です。

次のブログ記事は「サッカーの聖地マラカナンスタジアムのピッチをイメージしたiPhoneケース」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。