サイト内検索:

7月4日公開の映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を観た。

先日、7月4日公開の映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の試写会に行ってきました。

7月4日公開!映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』公式サイト

image

image

軽くあらすじをWikipediaから引用してみると、

舞台は、異星人が地球に送りこんだ「ギタイ」と呼ばれるロボット(元々は惑星改造(テラフォーミング)のための土木作業用だったものが進化した)に襲撃を受ける地球。世界各国でギタイの侵略が進みつつあった。主人公キリヤ・ケイジは、ギタイと戦う統合防疫軍に初年兵として入隊する。そこで、圧倒的な戦闘力を持っている若き少女兵士リタ・ヴラタスキと出会う。
ある日、キリヤは初出撃で死亡するが、なぜか意識を取り戻すと「出撃前日の朝に戻っている」という怪現象に見舞われ、それが幾度も繰り返される。生と死を繰り返す中、「記憶だけが蓄積される」ことを知ったキリヤは、ギタイを倒すために、その能力を活かして経験を積み重ねる。あらゆる手段を講じ、リタに匹敵する戦闘力を身につけていくキリヤは、戦士として激化する戦いを生き抜いていく。

簡単に言いますと、主人公であるトム・クルーズ演じるキリヤ・ケイジが敵を倒すために軍隊に入るんだけど、敵にやられて死んじゃうわけです。でもなぜか死ぬと軍隊に入った時に時間が戻りトム・クルーズも死んでいない。で、それを延々繰り返す中でトム・クルーズが段々強くなって最後に敵を倒す、といういわゆる「ループ」ものです。英語のコピーは「Live.Die.Repeat」、日本語だと「戦う、死ぬ、目覚める」です。

まあゲームみたいなもんですよね。ゲームスタートすると敵が襲ってくるわけですが、敵は毎回同じパターンで攻めてくるのでどこかの時点で死んで最初からチャレンジしてもまた同じように攻めてくるので2回目は前回死んだポイントはクリアして先に進める、と。でまたちょっと進んで死んで、でまたチャレンジして進んで死んで・・・ってやっているうちにゲームのスキルや経験があがっていって最後のボスを倒せるまでになる、というのと同じです。

そんなわけで、ともすれば退屈になりがちなお話なのですが、映画では非常にうまく処理していて、展開はスピーディー、飽きそうになると違うエピソードをぶち込んできて実にうまく作られています。ループする理由もちゃんと説明されていて好感が持てます。

トム・クルーズだったりハリウッドだったりすると、あの「宇宙戦争」なんかが思い出されるわけですが、監督が「ボーン・アイデンティティ」のダグ・ライマンということで、「宇宙戦争」とは違った宇宙人侵略モノとなっています。というか、宇宙人はあまり重要じゃなかったりします。ラストシーンも「宇宙戦争」の「えっ?」(ぽかーん)といった感じではなく、実に気持ちの良い終わり方をします。
ジョニー・デップの「トランセンデンス」が面白そうではあるけど、実際観るとだめっぽいらしいので「トランセンデンス」観ようと思っている人はプランを変えて「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を観た方がよいかと思います。

ジョニー・デップ神通力に陰り? 最新作「トランセンデンス」が酷評

前置きが長くなったが、名誉挽回をかけて今月全米公開されたSFスリラー映画「トランセンデンス」は、封切り前から米紙、雑誌などの映画評論家から酷評されてしまった。製作費100億円に対し、公開週の週末興行成績は11億円で4位と期待はずれのスタート。歯にきぬ着せぬ映画評に興行成績を大きく左右される米映画界だけに、「もうデップはヒット作を出せないのか」とメディアでは心配する声も上がっている。
自分で確かめるのが一番、と思い、私も観てみた。確かにテーマは面白く役者も上手いが、構成が冗漫でストーリーに入り込めないもどかしさは否めなかった。

ということで、なんかいまいちのようです。

で、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」ですが2Dか3Dか、と言えばやっぱり3Dで観るのがいいかな。

蛇足になりますが、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」と同じようなコンセプトで童貞高校生がオーガズムに達するとループするSF童貞映画『プレマチュア(原題:Premature)』というものもあるようです。

映画『プレマチュア』はアメリカで7月2日公開予定。万が一、日本で公開されるとしたら『オール・ユー・ニード・イズ・イク』とか頭の悪い邦題にも期待したいですね!
via 卒童貞、イク、リピート! 発射でループするSF映画『プレマチュア』

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2014年7月 3日 17:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「これは面白いWWE版「大乱闘スマッシュブラザーズ」」です。

次のブログ記事は「7月4日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。