サイト内検索:

【第2弾】実写とアニメーションを低価格で合成するとARみたいになった。

以前、「実写とアニメーションを低価格で合成するとARみたいになった。」という記事を書いたのですが、その第2弾が公開されたようです。

透明のセルに絵を描いてアニメの伝統的な方法で何枚も交換しつつ実社会の背景と合成するという手法で作られたビデオです。根気とセンスが問われると思うのですが、この作品は実に素晴らしいです。

Bringing animated creatures into real life using a sharpie, white-out, transparency cels, and an iphone5s. This time they can talk!

今回は声が入っているそうです。お楽しみください。


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2014年8月19日 16:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もの凄く低予算な米国のモールのCM」です。

次のブログ記事は「光と映像のフェスティバル「Vivid Sydney 2014」のタイムラプス映像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。