サイト内検索:

電話に出ない子どもにうんざりした母親、「Ignore No More」アプリを開発

Standifirdさんの10代の子どもたちは、やることがいかにも10代だった。彼女が子どもたちに電話をかけると、彼らは決まって「ignore」(無視)を押していた。
そこで彼女は、どのようなアプリなら、子どもたちを電話にきちんと出させることができるか知恵を絞った。そして作ったものが「Ignore No More」だ。

電話に出ない子どもにうんざりした母親、「Ignore No More」アプリを開発

アイディアは面白いのですが、実際にどう作るかってのを考えるとどうするのかなあ、ということで。

やれるのは、

子どもたちが母親からの着信に出ないと、電話をロックしてしまうのだ。

なるほど。

で?

あなたがIgnore No Moreで子どもの電話をロックすると、子どもには2つの選択肢しかない。あなたに電話をかけ直す、あるいは緊急窓口に連絡する、そのどちらかだ。友だちに電話したり、テキストメッセージを送信したり、ゲームをしたりすることは、あなたにかけ直すまではできない。子どもがかけ直してきたら、あなたが判断してスマホのロックを解除できる。ペアレンタルコントロールとしていかがだろうか

つまり、ロックされてしまうので、お母さんに電話することしかできなくなるわけです。

だけど、どうやってアンロックするのかな、と思ったらこんな画面がありました。

Ignore%20No%20More

つまり多分これは、最初に4桁のアンロックコードを決めておいて、子供から電話がかかってきたらそのアンロックコードを教えてあげることでロック解除ができる、というものなのではないでしょうか。

子供のAndroid機にインストールしたアプリが定期的にサーバーにアクセスしてアンロックコードを読み込んでいるんでしょうね。

で、このアプリは199円の有料となっています。

Ignore No More(Google play)

で、このアプリの紹介ページのコメントでは、

Hey Developers!! There is no way my parents are cruel enough to install this on my phone. But as a teen, just one question. What exactly stops anyone from deleting this app and removing all content? I'm just curious.

アプリを削除したらどうなるの?という疑問は誰でも抱くかと思うのですが、多分これはアプリと通信しているサーバーが、アプリと通信できないということで、アンインストールした可能性を示唆してくるのではないでしょうか。で、母親が子供のAndroid機をチェックして確認する、と。

でも、とりあえず私が子供だったとしたら、受信してすぐ切ってその後しばらくフライトモードにしてしかるべきタイミングで元に戻す、って方法か、留守番電話的アプリを使うってことで対応するかと思うのですが、どんなもんなんでしょうか。

Standifirdさんは、このアプリは効果を発揮していると話した。子どもたちは、彼女の電話に以前よりもっと注意を払うようになっているという。

なるほどねえ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2014年8月20日 18:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インド人の『「進撃の巨人」を踊ってみた』が凄すぎる」です。

次のブログ記事は「浮遊するBluetoothスピーカー「Om/ONE」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。